@nagasの路地裏

地方引きこもりミドルがまったりあがいている、そんな場所

レビュー

Amazonで38円のスマホ用 魚眼・広角・マクロ 3in1レンズを頼んでみた

Th レンズ一式

驚きの38円(価格は変動します)

TwitterでAmazonにて格安のスマートフォンの取り付け型レンズが取り扱われているというものを見てどんなものかとAmzonを覗くと、38円、送料は関東圏周辺は無料という格安で売られているものを見かけました。

ブランドはないのでどこぞかのものやらの輸入とか、そんな感じですが38円ならば、ネタでもいいから買ってみるかなあという感じでポチッと購入してみました。

Amazonが販売しているわけでなく、マーケットプレイスの取引店が扱っているので送料はその店によってまちまちだと思います。

もし購入する方がいればその時は送料などは気にしてお店を選ぶといいと思います。

脱線しましたが、自宅には送料無料で届くようでクロネコDM便で届きました。
ゆうパックでの発送を行う業者もいるようなので、そこらへんは業者次第だと思います。

個人的にゆうパックはイマイチなイメージが若干あるのでクロネコなのは嬉しいのですが、いくつか年末に商品をAmazonで送ってもらってますが、この忙しい時期にきっちり届けてもらえるのはすごいと感心します。

内容をチェック

クロネコDM便なので定形外封筒にパッケージがそのまま入っている感じで届きました。
まあ、大体この手のものはそうなりますね。

Th レンズセットパッケージ

一見するとそれなりのパッケージに見えますが、本当どこだこれ的な感じでネタ臭さがぷんぷんします。
とはいえ、パッケージから見るだけでは作りはしっかりしてそうです。

Th 開封

封入状態ですが、非常に一般的な形で梱包されていました。

内容ですが、クリップに魚眼レンズがつけられていて、広角・マクロレンズと魚眼レンズ用のカバー、そしてレンズケースが入っていました。
広角レンズはマクロレンズに装着する形で使うようです。

各種レンズを使って比較・撮影してみた

マクロレンズでフィギュアの接写を

どの程度の表現力か、というか、38円だしなあということで期待しないで撮影していました。

Th マクロ

まずはマクロレンズですが、画像は上がマクロレンズを装着、下がなしの状態を台座固定で比較画像です。
被写体はねんどろいどプチのミクさん。

最近、ねんどろいどなど撮ってないので、機会を作って撮ってみたいですね。
どうでもいい話ですが。

で、目の塗装中心にうまく接写できてはいますが、当然解像度が落ちてるというか、ぼけぼけな部分はあります。
とはいえレンズ無しと比べると雲泥の差なのでかなり効果が期待できると言えます。

使う場面や被写体、補正などを考慮すれば使えるレベルです。
スマートフォンでこのレベルの撮影ができるということと値段を考慮すれば、お得感はありますね。

だいたいレンズ一個あたり、12円程度と思えばすごいコストパフォーマンスです。

屋外で広角と魚眼レンズを使ってみる

外に出て広角レンズ、魚眼レンズの表現力を見てみました。

被写体はとりあえず、地元の観光名所である海野宿の一番撮影して絵になる場所。

Th 広角 魚眼

画像は上からレンズ無し、広角レンズ、魚眼レンズです。
広角、魚眼レンズともに、枠ができてしまいます。
これは仕様なので仕方ないですね。

広角レンズは確かに広角なんですが、どうしても歪みが気になりますね。
うまく編集で枠などをトリミングなどすればそこそこ見れる写真になるとは思います。

室内などで撮るとこの歪みが結構わかりやすくなるので使う場面だと広い屋外向きと言えます。

魚眼レンズは、まあ、魚眼レンズですね。
それ以上でもないのでまあ、そこそこ歪んでかなり広いエリアを撮影することができるなあと。

解像度も下がるのでお遊び程度に使えるなという感じに思えばいいと思います。

マクロレンズと比べてどうしても今一歩差があります。
まあ、でも、38円だからなあと考えると全然問題ない感じです。

ネタのフィルター用レンズという感じで使うのがベストなんだろうなあと思います。

感想というかまとめ

まず、コストパフォーマンスとか、そういう部分はかなりお買い得と言えます。
値段分以上を期待すると肩透かしなので、購入時に高い値段をつけているマーケットプレイスのお店を選ばないよう注意は必要です。

性能云々は上の節で述べた通りなので再びむし返す必要もないかと。
画像が全てを物語っています。

クリップタイプでのレンズ装着なんですが、iPhone専用というわけでなく、つけてみてちゃんと機能すればどのスマートフォンでもいいという代物なので装着には、位置を手動で補正する必要があります。

オプションレンズのレンズ越しにカメラのレンズを中央にするよう位置を調節しないと縁など大きくなったり、偏ったりします。

そのため、気軽に付け外しするという感じにはならずに、ちょっと手間をかけてやる面倒さはあります。

その程度の手間は惜しまない、っていう気持ちで扱えばそこそこ遊べるレンズセットだと思います。

-レビュー
-, ,