Life is Enjoy

生活を楽しく

コラム

Apple WatchでTwitterを扱う場合の通知やアプリなど

Apple WatchでTwitter

Apple WatchでTwitterの基本は通知

Apple Watchはインターフェースがかなり限定された用途にしか使えないようになっています。
画面サイズと入力手段が音声という点で閲覧中心になりがちです。

主にTwitter利用タイプは通知とアプリに大別します。
特に通知はアプリをインストールしていなくてもiPhoneで設定していれば必要の情報は常に流れてきます。

twitter通知設定

通知の設定は各ユーザーの「設定」-「通知をオンにする」で、オンオフ管理は個人アカウントの「設定」-「アカウント」-「通知:モバイル通知」-「ツイート」からです。
通知は友人関係のTweetなどでもいいですが、公共的なニュース(地震速報など)や興味のあるニュースサイトのTweetなど速報性の情報がいいと思います。

通知が煩雑になってきたら適宜減らしたりするなど見直す方がいいと思います。

Twitterアプリに関して

Apple Watch対応のアプリは公式やTweetbotなどがあります。

Apple Watch twitter

公式アプリは最新TweetとトレンドTweetが閲覧できるので閲覧向きです。
特にトレンドTweetはニュースアプリ的なのでちょっとした時間に見るのに適してはいます。

twitter tweet

なお、Tweetは押し込みでできます。

tweetbot

Tweetbotはアクティビティー中心でこれは返信特化になっています。
Twitterで返信作業が多かったり、人の反応などを見るには適したアプリです。
これもTweetは押し込みです。

メールの簡易返信などをよく使う人にはTweetbotの方が利便性が良い部分もあるかと思います。
Apple Watchの特性上、それほど入力機能や通信部分が強くないので生活中での利用シーンで選んでみると良いと思います。
(無論、使わないという選択肢もあります)

Twitterは今やインフラレベルの情報網になってきているのでうまく活用できるようにApple Watchでの運用を考えてもいいですね。

Twitter
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
現在の価格: 無料
Tweetbot 4 for Twitter
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
現在の価格: ¥600

-コラム
-, ,