Life is Enjoy

生活を楽しく

Windows

MADOSMAのSIM無しが悲しかったのでおかわりSIM契約を

おかわりSIM

とりあえず、SIM

WiFi運用でもいいと言えばいいんですが、やはりフィールドでも遊びたいなあと思ったのでデータSIMあたりの契約を考えてました。

で、DMM mobileが安いんですが、これ、1台契約すると複数契約っていうのはシェアになるので無理っぽいです。
軽く読んだ限りそうなので、多分そういうMVNOなんでしょう。

他にも幾つか同程度のものはあったんですがb-mobileのおかわりSIMが1GBという制限下で使うであれば安いような感じです。

ということでAmazonさんでSIMを購入して、自宅開通でもしようと申し込んでみました。

おかわりSIM開通までの流れ

Amazonさんから届いて、まずはMADOSMAに装着してみます。
普通にアンテナ立ちません。

b-mobileのサイトでまず、ユーザー登録をするんですが以前登録してたので今回はスルー。
そのまま番号登録をしました。

これで開通手続き申し込みが完了します。
すぐに登録したメールアドレスに手続き申し込みが完了と送られてきました。

次に開通手続きですが携帯電話で指定の番号に電話をして手続きをします。
音声ガイダンスに沿ってやるだけなんですが、なぜか番号登録をしようとすると電話が切れるという謎の状態に。

なんかガイダンス途中で番号を押したのが悪かったみたいです。
数回やって普通に終了。

開通手続きが終わると1時間以内に開通、ということですが自分のところは10分ちょいかかった感じでした。

MADOSMAの設定

APN設定ですがMADOSMAは国内MVNOをほとんどカバーしています。
自分で入れなくてもサクッと選択して終わり、です。

SIM設定

アンテナ感度は若干弱い感じがします。
外に出てしばらく使ってみないとどの程度ストレスになるのかはわからないので体感は今後ということで。

格安SIM/スマホの感想

SIMなどの装着や開通手続きなど、やはりサポート的に手厚くならないと一般的にはまだまだな感じもします。
しかし、一定のリテラシーなどや友人などに知識がある人がいる、などの条件は若い人にとっては意外に敷居が低いのかもしれません。

総務省がなんかやってるようですが、サポート面などの強化は通信費に跳ね返ってくる場合が多いのでバランス的に難しいかもしれません。

来年あたり、通信業界はどうなるのかわかりませんが変にならないことを祈るばかりです。

-Windows
-,