@nagasの路地裏

地方引きこもりミドルがまったりあがいている、そんな場所

コラム

大腸癌検査をしたら見事に今年もひっかりました

Th 検査前状態

東御市のがん検診として「胃がん」「大腸癌」をやっています。

甲状腺のこともあるのでもうがん検診など健康診断含めて毎年行って、時期が来ればドックも、というくらいの意識になっています。

ということで大腸癌検査をしてみました。

…すぐに陽性反応っぽいので精密検査という通知。

9ヶ月くらい前にやった時も同じで、その時は内視鏡検査で特に問題なしと言われたんだよなあと。

その時はまた同じような話かなと思いました。

内視鏡検査の手順

検査日の確定まで

指定された病院でまずは外来で受付をして診断結果を医師が判断してくれます。

まあ、内容といっても反応が陽性、という結果しかないのでそのまま検査日の調整になるっていうだけですが。

検査日は内視鏡検査室の予約状況を見ながら調整します。

基本、当日で終わるんですがポリープ切除などがあるとそのまま経過観察ということで1泊になるようです。

ということで一応、入院扱い。

その後、検査日前日に取る専用食と下剤を渡されます。

Th 検査前食事

検査日前

苦行、その1。

今だと大体、専用食は大手メーカーによってパッケージ化されているのでそれ一式を3食、おやつ付きでとるだけです。

Th 検査前食事中身

中身は基本、おかゆで夕食ごろになるとただのスープという感じでお腹が空きます。

Th 検査前日朝食

甲状腺癌で体力と抵抗力が落ちてきている私の場合、結構厳しいものがありました。

各種傷跡が痛かったり、力が入らなかったり。

検査日当日

朝に入院手続きをとって入院病棟に入ります。

入院などの各種手続き書類を提出した後は着替えて、腸管洗浄剤をひたすら飲みます。

Th まずいやつ

洗浄剤は2Lでこれを2時間かけて飲みます。

これが苦行、その2です。

結構きついですね、これ。

飲みづつけるとトイレが近くなるのでひたすら往復します。

飲み終えると点滴で検査しやすい状態にします。

今回、2回も点滴打つのに失敗したので貧血通り越して四肢が硬直して倒れてしまいました。

本当、弱くなりました。

点滴がうまくいって時間になると検査室に。

検査自体はまあ、違和感があるようなものなのでそれなりにきついですが30分ほどで終わりです。

なんか「ポリープとりまーす」という声が聞こえてきて、結構愕然としました。

自分の場合の結果

かなり小さいポリープをとって、それが悪性かどうか調べるということのようです。

1ヶ月くらいかかるので忘れた頃に、ということになりますね。

ポリープを取るのであれば入院か、と思いましたが結構小さかったので当日帰宅していいと医師の方から言われました。

なんにしろ、生活習慣病的に悪い方向に健康面がなっているということを思い知らされたので食事と運動の見直しを求められた感じです。

食事に関しては野菜、魚中心なのでそれほどひどくない現状になっているため、運動面が問題なのかなあと。

とりあえず、簡単な有酸素運動のウォーキングあたりを習慣化するところから始めたいと思います。

甲状腺癌の時に思い知らされたのがやはり早めの検査による発見ですね。

-コラム
-, , , ,