@nagasの路地裏

地方引きこもりミドルがまったりあがいている、そんな場所

コラム

食べる速度を遅くして胃の負担などを軽くしてみました

2016/08/01

Th ご飯を食べる

原因は食生活

大腸癌の内視鏡検査の結果を聞きに市の病院へ出向きました。

今回切除したポリープは腸内が擦れたもので陰性とのこと。

とはいえ、食生活など生活習慣に問題があるのでそこを気をつけたほうがいいという説明でした。

今までの生活面での問題と改善について

  • 運動が少ない→ウォーキングを1ヶ月前ほどから始めました
  • 飲酒やタバコ→タバコは20年ほど前からやってないですし、酒もここ6年は飲んでません。
  • 生活リズム→早起きして早く寝るというスタイル
  • 食事→高齢者向けな感じのものに

特に指摘されたところは早食いについて。

食事時間と噛む量を多めにすべきということで、これは毎月心臓の検診をしていただいている内科の主治医にも言われてました。

もう、これ以外に問題はなさそうなのでここを改善します。

早食いをやめよう

Th 早食いしている図

健康面やダイエット面から 早食いは良くないとされています。

噛む量が少なく、そのまま胃の中に流し込むため胃や腸の働きを通常よりも動かしたりするため、その影響で体調には良くない症状も出るようです。

これを改善するのは幾つかの点を注意するということで

  • 1口30回以上、噛むようにする。
  • 集中して噛んで食べる
  • 20分以上、食事に時間をかける

特にこの3点くらいは気をつけるようにした方がいいようです。

食事の仕方を変えました

上記のことを踏まえて、幾つか取り組んでみました。

まず、Apple Watchのタイマーを使って10分ごとに通知させます。

これで20分以上の時間をかけるよう時間配分を意識させます。

Th 時間を計る

咀嚼の回数は30回以上を集中して数えることにしました。

一口も気持ち的に7割程度大きくものを入れてからゆっくり咀嚼する形にしています。

ほとんど液状のくらいまでかみ砕いて少しづつ流し込む形にしました。

Th 美味しそうに食べる人

この方法でしばらく、様子を見ていきたいと思います。

顎関節症も気になりましたが、夜にマウスピースをつけることなどで食事では多く噛んでも偏頭痛など問題はあまり出てこない感じです。

こういった健康への取り組みは1日、2日で結果が出るものでもなく、最終的には死ぬまで続けるということなので目に見えてくるのは半年くらい先時の長い話だとは思います。

胃カメラ健診も数ヶ月後に予定を入れようとしてますので胃の調子が改善してくれていればやった甲斐もあると思いますが、そこまで高望みは出来ないですよね。

40超えた時から2、30代の健康のツケを返すのは倍以上しんどいなあと本当に実感します。

-コラム
-,