@nagasの路地裏

地方引きこもりミドルがまったりあがいている、そんな場所

コラム

メインのWebブラウザをSafariにしました

MacのデフォルトブラウザをSafariに変えました。

Firefox、Chromeとブラウザを変えてきましたが拡張機能を多数追加してリソースなどを喰うChromeのブックマークや拡張機能を整理する際にSafariに引越しを決意しました。

Safriに利点

拡張機能をそれなりに突っ込むとブラウザはどれもそれなりにリソースを喰って重くなります。

なので速度面だけに関すると自分が体感するほどの差がどれも出るとは思えませんでした。

Safariの利点はiOSのデフォルトブラウザであり、変えようがない部分であるといえます。

利点というのかは疑問の余地はありますがiOSとMacの親和性はAppleのUIデザイン流になるので自由度を捨てる代わりにハードとの親和性は強まります。

各デバイスの同期に関してもストレスなくシームレスに使えるのも嬉し点です。

利点らしい部分というとこのくらいなのでブラウザの差は今はそこまで差がない時代なのかもしれません。

Chromeで使っていた拡張機能など

Chromeで使っていた拡張機能をまとめると

  • 共有やクリッピング
  • ブラウジングのUIを便利にするもの
  • 広告ブロックやアンチウィルス周り

これらに大別されます。

クリッピング周りはEvernoteやPocketが提供していますし、共有関係はBufferやはてブが提供しています。

ブラウジングの補助としてパスワードの入力・記録補助として1Passwordを使っています。

これらのほとんどがSafariでも同じように提供されています。

ブログ向けのリンク作成などの拡張機能もiPad Proにブログ環境をほぼ移行したので使わなくなりましたし、かなりしぼれて使っていたと思います。

vim操作周りとかスクリーンショットとか

ブラウジングする際にキーボード操作が使えるvim操作追加の拡張機能は意外と便利なので最近入れるようにしています。

ChromeではVimiumを使っていましたがSafariではsVimを追加しています。

ページのスクロールやタブ移動をキーボードで行えるのは地味に便利です。

個人的な意見ですが、結構オススメします。

スマートフォン向けのブラウザで概ね問題ない時代

10年前には結構拡張機能は重要で豊富に揃っていたFirefoxをメインに使っていましたが、サービスのアプリ化が進んでスマホの拡張機能もつかえるようになったためそこまで拡張機能重視にブラウザを選択しなくていい時代になったと感じます。

Flashもほぼ終焉なのでFlashアプリを入れなくても動くChromeのその部分の利点もほぼないと思います。

サイト側での調整の方が重要な時代になったというのも大きいですね。

ブラウザ周りをどうするかともし悩んでいる方がいるのでしたら位置意見とし的にしてもらえたら幸いです。

-コラム
-,