@nagasの路地裏

地方引きこもりミドルがまったりあがいている、そんな場所

コラム

時間裁量の手助け「タスクシュート」とTaskChute Cloudの利用

タスク管理の簡単な説明とタスクシュートについての軽い説明や関連書籍、サイトの紹介。

あと、TaskChute Cloudをはじめました。

タスクシュートをやっています

自宅ひきこもり系でいると全ての裁量を自分が管理するため作業時間などの管理は重要なものになっています。

タスクの管理はGTDからはじめ現在ではタスクシュートをメインに時間、タスクの管理を行っています。

タスク管理の有名なものについての説明に関してはTaskChute Cloudの開発者である松崎氏の記事が簡潔にまとまっていると思います。

タスクシュートに関して自分の思うところは以下の点です。

  • 1日のスケジュールをタスクでくぎれるので逐次実行をしやすい
  • 個々のタスクが最適化されるので隙間時間やいらない作業が可視化されやすい
  • 最初の学習コストがかなり高い

タスク管理はサービスやアプリを使えばすぐに導入できるものではないため、どのようなタスク管理を選んでも多少なりとも学習と自分向けにチューニングするのに手間がかかります。

タスクシュートは主に仕事の作業改善ライフハック紹介サイトシゴタノで扱われてます。

タスクシュートに関しての学習にあたって自分は以下の電子書籍を利用させてもらいました。

たすくまからTaskChute Cloud

タスクシュートを最初に実践しようとして使ったのはタイムトラッキングのTogglと高機能タスク管理ツールのToodledoです。

Webベースでモバイルアプリもあったのでどこでも使える便利さはありました。

とはいえ、タスクシュート向けのものでないため今から始めるといった場合にはあまりお勧めできません。

私はその後、iPhoneアプリのたすくまを購入して使うようになりました。

Taskuma --TaskChute for iPhone
カテゴリ: 仕事効率化
現在の価格: ¥3,600

後述するTaskChute Cloudに対してたすくまの一番の便利な点はスマホ通知が来る点でしょうか。

通知関係はApple Watchを持っているとかなり強力な時間管理ツールとなりえます。

たすくまでも満足していましたがiOS11のリリース時期にUI関係の対応が遅れたことや、特にデスクトップでの作業やそれほど通知が必要かということでクラウドベースのTaskChute Cloudを利用し始めました。

開発が個人ベースなのでスマホアプリまで手が回ってなかったり、サブスクリプションだったりするので敷居は高いですが(お試し利用もできないので)そこは新しいことに対する投資ということで。

TaskChute Cloudを1ヶ月ほど使ってみて

TaskChute CloudはWebベースなのでどの環境でもネットさえあれば使えるものになっています。

アプリベースの設計やリリースはないためMac版のアプリでもアプリ単位で扱えるだけで内容はほとんどWeb版のUIと一緒になっています。

iPadメインの作業になっているのでアプリがなくてもSafariのショートカットでもホーム画面に置いてますい。

たすくまとやろうとしていることは同じでセクションを区切り、ルーチンタスクを回すだけです。

たすくまの場合、意識せずに複数タスク同時に回せたりします。

TaskChute Cloudではシングルタスクが基本の動きになっているのでロボット掃除機の管理などは別のアプリ、アラームアプリなどに任すような形で運用したほうがスマートだと思います。

その分、タスクの句切れや目の前のタスクにフォーカスを当たるようになったので作業の集中化は少なからず上がったと思います。

その他のタスク周りの管理など

日々のルーチンタスクや作業量の可視化というところでTaskChute Cloudを利用しています。

モードやプロジェクトの使い方などたすくまとまた違った感じで癖もあるので利用して数日は戸惑うと感じました。

プロジェクト周りやリマインダーとしてタスクを管理するためにTaskChute Cloud以外にTodoistとリマインダーを利用しています。

Todoist: ストレスフリーのタスク管理
カテゴリ: 仕事効率化
現在の価格: 無料

GTD的に必要なものを突っ込んでタスクや物の購入リストを管理しています。

TodoistはUIが洗礼されているのでサブスクリプション購入して利用しています。

リマインダーも簡単な通知関係で併用ですね。

個々人の日々の仕事や達成しなくてはいけない目標とそれに向かうための作業は違うので自分に合わせるものだと思います。

作業など流動的に変わっていけばまたそれに合わせる必要もあるのでしょう。

自分の今の所はこれらのツールをメインのTaskChute Cloudの補助として使っています。

タスク・スケジュール管理はリソースを活かすために必要

今回は主にタスク関係ですが、スケジュール管理も当然連携しなければいけません。

その日のタスクの割り当てや明日以降のイベントなどを管理することで自分ができることできないことがやおるとしていることに対して明確になっていくと思います。

時間は有限、自分のスキルや経済も有限なので最適化することで成果を高めることができると思います。

生産性という言葉が注目を浴びている昨今ですが、自分の生活をさらに一歩先にするために参考になれば幸いです。

-コラム
-,