@nagasの路地裏

地方引きこもりミドルがまったりあがいている、そんな場所

レビュー

Airmail for iPhoneリリース。CloudMagicとメール処理を比較してみた

Airmail利用

Macの定番メールアプリ、AirMailがiPhoneに

先日、長い間公開予定と言われていたAirmailのiPhone版が発売しました。

600円なので結構お高い値段設定、と言えます。

Macを利用している人には割とおなじみの高機能メールクライアントです。

手軽にメールをラベルやフォルダわけなどしたり、タスクまわりがあったりと十分に機能が備わっている反面、多すぎて使いこなすのは大変という感じのものでした。

iPhone版ですがiCloud同期でMacと同期できたりとシームレスな運用もできるようです。

できるようですと言ったのは初期設定時にうまくiCloud同期を自分の環境ではいかなかったからでして、その後設定が反映したりする現象があるのでまあ、多分同期できてるかなと。

Airmailメールサービス数

扱うことができるメールサービスはかなり多く、Google、iCloud、Microsoft ExchangeやOutlook、そしてPOP3やIMAPまでサポートしています。

ほとんどのメールサービスをカバーできているのでおまることはないと思います。

Airmail サイドバー

右方向スワイプでラベルやスターなどの処理用のメニューが出ます。

Airmail操作

基本は届いたメールをMailbox同様に左右スワイプと長くスワイプの4つで処理を行うようになっています。

Mailboxと違うのはラベルやスターなどのラベル、フォルダのメールに対しての処理が多くできるということで洗礼されたUIとPC向けのメールkルアイアント並みの機能を備えてるというところでしょうか。

Airmailサービス数

また、連携するサービスも多く、タスク関係やスケジュール関係、添付ファイル保存などに使えるクラウドストレージやEvernoteなど多種多様なサービス、アプリと連携可能となっています。

メールの読み書きだけでなく、データのやり取りやスケジューリングの強化もこのメールアプリの特徴とも言えます。

メール処理から見たCloudMagicとの違い

私の場合、メインのメールクライアントアプリはCloudMagicを利用しています。

Mac版は先日発売されましたが、まだまだといったところ。

とはいえ、安定した動作と利用処理を絞った部分がお気に入りです。

Cloudmagicメール操作

CloudMagicはメールサービス的には最低限の処理しかしていません。

アーカイブ、削除、ラベリングとスターです。

この少ない処理でメールをまわすというのが肝になっています。

メールに関してアクションが少ない私なんかはこれでほぼ十分になります。

ただ、後で読むなどの処理はしたい、Inboxは絶えず0にしておきたいという要望が自分にはあるのでこの部分でスターを代用しています。

スターを扱うという面だけで言えばAirmailの方が使いやすいです。

結局選ぶのは

今のところ CloudMagicでメールを扱うのは十分だったりします。

機能的に多いAirmailだとスワイプ操作を多く要求されることもあるので一つしか操作がないという点でCloudMagicを使うのを好む、という結論に至りました。

二つのメールアプリについて極端に違いを挙げるとすれば高機能化ミニマリスト向けか、ということになると思います。

メールは昔ほど使われなくなり、近年ではメッセージサービスやチャットアプリなどが代用化してきています。

なのでコミュニケーション的な面ではあまり使われてなく、ビジネスやメールマガジンといった企業ユースの面に特化してきつつあるかと思います。

メールニーズを汲み取った上で自分の必要な要件に適するアプリ、というのが正解なので頻度が高い人にはAirmailを検討してもいいかと思います。

Airmail - Your Mail With You
カテゴリ: 仕事効率化
現在の価格: ¥600
CloudMagic Email
カテゴリ: ビジネス
現在の価格: 無料

-レビュー
-, , , ,