Life is Enjoy

生活を楽しく

レビュー

FacebookでApple Musicの音楽共有ができるようになっていた

Facebook Music Stories

先月発表されたFacebookの「Music Stories」

先月11月5日に米国でFacebookが「Music Stories」という新機能を発表しました。
この機能はユーザーが音楽を共有して発見し合える手助けになるものだと言います。

実際どのような機能なのかというと、Apple MusicやSpotifyの曲をニュースフィードに流し、その投稿と各音楽ストリーミングサービスが連動してニュースフィード上で曲を再生したり、アプリを起動する機能となっています。

数日前に自分のiPhoneアプリにこの機能が動いていることが確認されました。
実際、どういう動きなのか、説明します。

Music Storiesの使い方

Spotifyは日本では開始していないのでApple Musicを使った方法を説明したいと思います。

Music Stories共有

まず、プレイリストを選びます。
選んだプレイリストの共有アイコンを選択して「リンクをコピー」を選択。

ペースト

Facebookアプリでペーストすればサムネイルが生成されます。

ニュースフィード上の動きについて

Facebook Music Stories プレイリスト iPhone

iPhoneのFacebookアプリ上での動きですが、サムネイルをタップするとApple Musicのプレイリストに飛びます。
プレイリストでなく、曲やアルバムの場合、iTunes Storeが起動して該当のアルバムを表示します。

Facebook Music Stories プレイリスト Web

PC/MacのWebブラウザ上ではプレイリストはiTunesを起動してApple Musicのプレイリストを表示します。

Facebook Music Stories 曲 Web

曲に関しては視聴が可能になるように埋め込まれた表示がされます。
Apple Musicで聞くことも可能になっています。

音楽共有が出来るのはいいが…

個人的な話で言えば、周りでFacebook使って、Apple Music加入しているという人はいなかったりするため、この機能ってあまり活躍する場面がないので嬉しい反面、自分の人間関係の残念感があります。

プレイリストを作りあって共有するっていうのは楽しそうなんですが、なかなか。

また、若年層を考えるとなかなか音楽に定額的に支払って、Facebook中心っていうのがどれだけのパイがあるのかいまいちわからないです。
音楽シーンは結構ここ20年程度は様代わりしているのでこれだという感覚が見えなくなっているため、コメントしづらいです。

趣味の多様化で様々なコンテンツが時間と金を奪い合う競争業界になっているので、一要因としては面白いサービスですが、機能があったなあと思い出すことがあるのかを考えるとちょっと悲しくなりますね。

Facebook
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
現在の価格: 無料

-レビュー
-,