@nagasの路地裏

地方引きこもりミドルがまったりあがいている、そんな場所

Windows

さようなら自作PCとしてECS LIVAを購入しました

2016/02/03

既に不必要になった自作PC

ECS LIVA

組み立てた当時はグラフィック能力を発揮させるようなゲームが多く、グラフィックボードの取替などを中心にパーツを組み替えてそれ自体が趣味であった自作PC。 作業の殆どがブラウザで完結するようになり、重い処理も自分の中では近年のノートPCでも十分に行えるようになりました。 特にMacBookへその作業の殆どを移したため、自作のWindows PCは24インチの液晶ディスプレイにつながった動画やブラウザ程度しか使わない、つまりわりと使う場面が少なくなったPCと成り果ててました。

OrderMade PC

ゲームを全くと言っていいほどしなくなってしまい、グラフィックボードはただの電力食いになり、10年ほどの前のケースは使い勝手が悪く大きいだけ。 無用の光学ドライブや、既に忘れ去られたFDDなど不必要な物を装備して後部の接続端子を使うのも結構大変だったりします。

Legacy Parts

時代的に高スペックや拡張性などはニッチな市場となっていて仕事で特にPCが必要だとか、ごく別なハードウェアを必要としてるとかでない私などは大衆と同じように最低限で時期が来れば処分しやすいほうが便利だと言えます。 自作PCは処分も面倒なのでメーカー製とかのほうが楽なんですよね。

超小型PC LIVAを購入

ということで小型PCでもいいという状態になったのですがIntelがNUCを発売後、わりと小さいPCはモバイルプラットフォームを使えるということでそこそこありました。 Bey Trail発表後はECSの超小型PC LIVAやマウスコンピューターのスティック型PCなどニッチな市場ですがいくつか面白い超小型PCが発表されていきます。

比較してOS込の値段で3万円を切ってそこそこの性能ということでECS LIVAの64GBストレージモデルを購入してみました。 そこそこ使えるならば格安だろうという考えです。

LVAの長所、短所

Not cool LIVA

まずは長所。

  • とにかく小さいので机においても卓上スペースが広く使える
  • LIVAに限らない話ではあるけどWindows8.1プリインストールなので設定が楽
  • ファンレスなのでとにかく静か。

で、短所。

  • Bluetoothの範囲が狭く、不安定。Windows 8.1の不安定さなどで実用的でないレベル
  • アナログオーディオ端子が全面にあるのでダサい

このサイズの小ささは魅力なんですがケーブルレスにするレベルなのにBluetoothの範囲が狭いのは致命的。 電波干渉があるといえども50cmも離れたら接続解除になるのはひどいかなと。 無線LANも結構安定しないというのを聞きますが、やはり電源周りが弱いからなんでしょうか。

サーバ利用にするのが実用的という話もあり、デスクトップの省スペースPCとしては完成度は低いです。

Windows 8.1の電源周りの設定不具合であるBluetooth不安定もあってかなり使えないレベルだと感じました。 専用に起こしているところはあまりなさそうなので値段相応といえばそうかもしれません。

で、満足度は

個人的には、まあ、値段相応でこんなものかなあというところです。 ようやく自作PCを処分できるようになったので部屋的にはスッキリして悪くはないと思います。

ファンレスなので処理をさせておいて、リモートでなにかあるか管理できるというのもメリットと思います。 古い液晶ディスプレイのほうが音が気になるというレベルなのでサーバレベルの運用ができるのは素晴らしいと思います。

【追記】Bluetoothの問題について

LIVA、その後

Bluetoothの問題に対してサポート側から初期不良だった旨の報告をいただきました。

-Windows
-, , , ,