Life is Enjoy

生活を楽しく

コラム

Ingress御用達っぽいSNSのGoogle+が方向転換していた

Google+リニューアル

この時点でなぜかGoogle+がリニューアル

Googleの鳴り物入りで始まって、諸々迷走しているSNS、Google+。
この Google+がリニューアルリニューアルしました。

そもそもGoogle+はTwitterやfacebookの台頭でGoogleが立ち上げたSNSですが、特に話題にのぼらなくなり、自分の中では最近までほとんどなかったものになってました。
この間に消えていったGoogleサービスを見るとどうもサービス面で信用が。

そんなGoogle+ですが今回のリニューアルで「コミュニティ」と「コレクション」を軸にするSNSにしようとデザインを変えてきました。

コレクションはともかく、コミュニティはどこかで見たような感覚がありましたが、アレです。
mixiのコミュニティ。
最近だと存在感があまりない感じですが、あれみたいだなあと。

Facebookのグループも同じようなものですが、Facebookは実名ということもあって、生々しさが微妙にあります。

とはいえ、グループ化するならばLINEでの輪やTwitterのユーザー間の方が参加しやすい感じなのか、どうも自分の中ではこのコミュニケーション設計は現状、どの程度使いやすいのかはかりかねます。

Ingressユーザー向けのSNS

Google+を最近、また見てみようと思ったのはIngressのイベント参加あたりからです。
Ingressユーザーの多くが使っているSNSがGoogle+らしい、ということのようです。
SNSと言ったらGoogle+かTwitterみたいな感じでイベントの空気で感じました。

後、HOと言われて「はぁ?」と成りましたがハングアウトのことですね、はい。
長野のコミュニティーでは人数多すぎてSluckに移行してますが、多く使っているようです。

Androidユーザー間のコミュニケーションツールでHangoutは結構使っているようで、ちょっと自分の知らない世界でした。

ということでGoogle+を再度、み初めて思ったのはIngressユーザーコミュニティが活発なことと、それ以外はよくわからないということ。
始まった頃は結構カオスで、サークルがどうこうとかもう仕組み自体が結構特殊だった気がしたのですが。

ユーザー間のコミュニケーションよりもコミュニティのつながりの方が使いやすい感じで、ユーザーがそれなりに活発であればそこそこ参加しやすい感じ。

自分の感覚ではネット利用者が増えすぎたためにリテラシーの幅が大きすぎてどうもネットのコミュニティは逆に参加しにくいですが、一般層も含めた大きさだとこの程度も悪くないのかもしれません。

脱線:Ingressの話をちょこっと

初心者の人であれば地域コミュニティーや情報を得やすいということでGoogle+で参加してみるのもいいと思います。
実際、最初の慣れるまでは結構Ingress、よくわからないですし。

自分はといえばLv8になってから、まあ、サボってます。

Ingress
カテゴリ: ゲーム
現在の価格: 無料

-コラム
-, ,