@nagasの路地裏

地方引きこもりミドルがまったりあがいている、そんな場所

レビュー

iPhone向け高機能エディタのDraftsの良さを語ってみたい

Draftsを使う

先日、購入したiPhoneアプリのDrafts。

結構、この使い勝手がすごいので自分のメインアプリになっています。

使用感がすごいメモアプリ

Draftsは何かと簡単に言えばiPhone/iPadのメモアプリです。

メモアプリ、テキストエディタはiPhone用は多くあります。

BywordなどのMarkdownエディタやEvernote連携できるアプリなど、特徴的なものなどもあり、好みに応じて選べるほど多彩にあります。

拡張キーボード搭載のものも多く、ライティングにおいてはどれも甲乙つけがたいものなどがあります。

では何がすごいんだろうという話ですが、その設計、デザイン面による、というのが個人の感じです。

普通のメモアプリは書いて、保存するという単発の流れになっています。

Draftsは書くということを中心にSNSや他サービスに書いたことを投稿や保存させる流れが秀逸になっています。

アプリ名になっているDrafts、下書きということで書いたものを下書きとして管理しながら利用サービス各々にプッシュしていく、そんなイメージです。

特にこの他サービスへのデータの受け渡し方に関しては力が入っていてTwitterやFacebook、Evernoteなど最初に用意されているだけではなく、ユーザーがアクションを設定してマクロ的に処理を行えうように作られています。

アクションと呼ばれるこの一連のマクロ処理部分は開発側のサイトにインストールできる形で幾つか用意もされています。

現在のバージョン、4.5ですが、個人ブログなどに公開されているものは結構以前のものだったりするので使えないものになっているようです。

基本的にURLスキームを組み合わせる形なのでランチャーアプリを使っている人には扱いやすい部分とも思います。

Twitter、Facebookへ下書きを送信する流れ

Draftsの使い勝手を機能を羅列するということで説明するのもできますが、それでは魅力はあまり伝わらないなあと思います。

そこでTwitterやFacebookに下書きを書いて送信するという一連の動作を紹介するということで自分の感じた使い勝手の良さを伝えたいと思います。

下書きを書く

下書き画面

とりあえず書きます。

何か思いついた時にDraftsを起動させ、書くという流れです。

投稿するサービスはその後で考えてもいいですし、決めて書いてもいいです。

サービスのアプリを立ち上げる必要はありません。

キーボードには特殊キーが配置されています。

移動やUndo、Markdown用のショートカットなどありますが、これもユーザーによって定義することが可能になっています。

左上には文字数、単語数をカウントして表示しているのでTwitterの文字数に関してはきにすることはありません。

Twitterなどに投稿する

アクションメニュー

画面を端から左へスワイプ、もしくは左上のアイコンを押すと様々な動作を行う「アクション」を選択できる画面になります。

タブで分類されているのでTwitterやFacebookなどのSNSはSocialをタップして表示させます。

投稿先のサービスをタップすると先ほどの画面で書いた下書きが即座にPostされます。

下書きの保存について

下書き管理

投稿した下書きはそのままなので右上の「+」アイコンをタップかアプリを立ち上げ直したりすると新規の下書きを起こせます。

下書き画面を右端から右へスワイプすると今まで書いた下書きの一覧を見ることができます。

以前の下書きは分類ごとに分けてアーカイブしたり削除できたりします。

分類はタブに表示されてますが、自分で編集や追加などができます。

下書きはバージョン履歴や適用したアクション、作成編集した場所などが記録されています。

知っていると便利な機能

行の入れ替え

Draftsには行を入れ替える機能があります。

長文を書く、などという場合には意外と気がきく機能だと思います。

利用するには下書き画面でキーボードを隠す必要があります。

拡張キーの左端にある、キーボードアイコンを押すことでキーボードは隠せます。

画面下に三本線があるのでこれを押すと行を編集する画面になります。

行入れ替え編集

入れ替えたい場所へ移動させて編集します。

ちなみに隣のボタンはURLなどをリンク扱いにするリンク表示モードです。

各種設定

キーボードを隠して右下にあるアイコンはフォントオプションと各種設定アイコンです。

フォントとテーマ設定

フォントアイコンはフォントの設定だけでなく、エディタのテーマを選ぶことができます。

設定画面

設定オプションもかなり多く、テキスト系で必須と言えるTextExpanderにも対応しています。

iCloudでの同期も可能になっているのでiPadでも同じ執筆環境を持てます。

アクション、下書きも引き継がれるのでユニバーサルアプリとしてすぐに使うことができるのも嬉しいところです。

下書きのいいところ

高機能エディタアプリなのでSNSの下書きだけ、というわけでもなく思いついた時のメモの管理やブログの下書きなどいろいろなものに応用がきくのがDraftsのいいところです。

今回の例としてTwitterなどのSNSの下書き、および投稿に関して言えば、是非とも検討してもらいたい方法です。

とかく感情的に文書をそのままサービスに送る人が多くいますが、冷静に後で読み返したり、遂行するだけでも随分変な文章を公開するリスクは減ると思います。

また、振り返りアプリ(日記とか)に重複させることなども割と手間がかからないのも下書きの良さです。

是非とも、まずは書くという下書きフローを身につけて、いろいろと作業をはかどらせていただければと思います。

Drafts 4 - Quickly Capture Notes, Share Anywhere!
カテゴリ: 仕事効率化
現在の価格: ¥1,200

-レビュー
-, , , ,