Life is Enjoy

生活を楽しく

コラム トラブル

iPhone Ulyssesが公開されたのでMarkdownを勧めてみる

ノート

待望のUlyssesのiPhone対応

Ulysees for iPhone on page

Mac、iPad向けの高機能MarkdownエディタのUlyssesのiPhone版がついに公開されました。

昨年に公開予定が遅れてずっとベータテストだったものでユーザーにとっては待望のリリースとなります。

また、ユニバーサルアプリなのでiPad版を購入している人にとってはそのままダウンロードして使えるといった嬉しい側面もありました。

なお、iPhone対応のメジャーアップデートということで期間限定価格になっています。

Markdownのメリットは何か

Webサイトを作る場合はHTMLで記述することが前提になりますが、ブログなど文章を中心にコンテンツを書く場合、マークアップ言語の利用部分で労力を割くのはあまり効率的ではありません。

ビジュアルエディタもサイトやアプリに実装されてきていますが、軽量のマークアップ言語であるMarkdownを利用することで簡易的に構造的な文章の見通しがつきやすくなります。

このため、現在多くの方がMarkdownを利用してブログを書いていたりします。

主に見出しや装飾などを意識して行う形となり、複雑なデザインを扱わないブログでは十分な機能を持っています。

Markdownには独自に拡張したものもあり、テーブルなども実装されているものもあります。

実装に関してはエディタによって様々になる場合もあり、そのため自分にあったエディタを選ぶ必要があると思います。

構造化はアウトラインエディタがシステム的に行うようになっているのに対して、Markdwonはあくまでテキストデータおに対して記述者が明示する方式です。

どちらも長短あるので各々で扱いやすいエディタ、方法をとるべきでしょう。

私のMarkdwonエディタ変遷

Sublime Text

Sublime Textは割と多くの開発者などが使っているエディタです。

最近だとAtomなども出てきていますが、プラグインが豊富だったり、凝った設定などコアなユーザーも多いと思います。

Markdownのプレビューがあるわけでもなかったりするので幾つかのプラグインとビューアの併用で使う形になります。

最終的にブログへ書き出すためHTML出力が必須ですが、それ以外は別段、エディタにこだわるのは各々の趣味にはなるとは思います。

Atom

Atomは標準でMarkdwonプレビューが内蔵されているため、非常に便利なものでした。

コードを書く必要性がない場合などはSublime Textでなく、Atomの方を立ち上げて使っていたものです。

特に正式リリース版以降はそれなりに安定と速度が出てきていたのでそこまで不安はなかった感じです。

El Capitanのライブ日本語変換の問題か、Atom側の問題か、使っているうちに重くなるのがきついとは感じていました。

Ulysses

評判は良かったのですが価格とMarkdwonエディタ専用ということで躊躇していました。

思い切って買いましたが、特に以下の点が優れていて、現在はUlyssesをメインブログエディタとして利用しています。

  • 文字数などを目標設定することで視覚的にゴールが見える
  • ファイル管理でなく、ノートを管理する形になっているのでファイルが煩雑になることはない

スクリーンにおいてプレビューの表示エリアが取れないため、正直自身の意識で文章の構造化ができていれば特になくても問題がないなあと書いていて思います。

iPad版も購入してますが、外で書くシーンがほとんどないのでそういう意味ではあまり活用していません。

iPhone版が出てもさて、使うシーンが個人的に訪れるのかは疑わしいところはあります。

とはいえ、あるとないでは雲泥の差なのであればあったで安心です。

ブログなど簡易構造を求める時にMarkdown、そしてUlysses

Markdownでは意識的に構造化することも可能で凝った装飾を考慮しないブログなどの記事作成には効果的だと思います。

特にUlyssesはファイル的な扱いで文書を管理せずに整理することもできるので日々のブログ作成には非常に便利なツールになっていると思います。

値段が結構はりますがそれだけの価値があると個人的には思います。

ブログ作業をする上で選択肢の一つとして考えてみてもいいと思います。

Ulysses
カテゴリ: 仕事効率化
現在の価格: ¥2,400
Ulysses
カテゴリ: 仕事効率化
現在の価格: ¥5,400

-コラム, トラブル
-, , ,