Life is Enjoy

生活を楽しく

レビュー

Tweetbotを紹介 公式アプリ以上に閲覧やPOSTしやすい高機能Twitterアプリ

Tweetbotを使う

Twitterを利用する場合、アプリかWebという選択肢になります。

スマートフォンが一般的になってきたこともあり、アプリを使うことが多くなってきたようにも感じています。

iOS、Androidのストアランキングなどを見るとTwitter公式のアプリを多くの人がインストールして利用していると考えられます。

公式Twitterアプリでは物足りない場合

Th 青い鳥のあれ

公式アプリの利点としてはサービスに実装された機能がほぼ反映されるというところです。

Twitterはサードアプリに対して制限をつけていることなどからも活用するには公式アプリの方が便利なところが多いのは事実です。

ですが、多くの機能をそれぞれのユーザーのニーズに合わせて使うといった場合、必ずしも公式アプリが使いやすいとは言えません。

例えばTweetをリアルタイムに取得するUserStreamに対して、公式はWiFi含めて非対応になっています。

また、リスト機能もプロフィール画面から辿っていかなくてはいけないため、リストを多用してTweet情報を取るには不向きです。

タイムライン自体、時系列ではなく重要なものを表示する機能やプロモーションなど入ってくるのもあり、賛否あるかとも思います。

高機能、ジュエスチャー操作のTweetbot

iOSとMacに販売されているTweetbotはジェスチャーやスワイプを中心に操作するUIのアプリになります。

特にiOS版はその色が強いのでコアなユーザーが好むTwitterクライアントに成っています。

タイムライン上からは右スワイプでLike・ReTweet、左スワイプで会話やTweet詳細を見ることができます。

リストの閲覧はタイムラインの画面上部を長押しで選択できるので閲覧しやすさは段違いにいいです。

Th リスト呼び出し

特に強力なのはミュート機能とフィルター機能でミュートはユーザーやハッシュタグなどを期間を指定して動作させることができます。

Th ミュート機能

公式でもミュート機能はありますが、この機能は公式アプリやサイトでしか利用できないため別のものになっています。

フィルター機能は最近実装されたもので画像や動画などのメディアやリンクが埋め込められたTweetだけを抽出できるようになっています。

Th フィルタ機能

タイムラインやリストで使える機能ですが、自分で独自に設定することも可能です。

機能と操作性の高さでオススメのアプリです。

公式アプリとの使い分けなど

公式アプリは公式アプリで個人的には必要性を感じます。

特定のユーザーのTweetのモバイル通知などは公式でしか使えない機能だと思います。

それほど頻繁にタイムラインを見ず、必要な時に現在起こっていることの概要を掴むといった使い方は重要なTweetを含めて表示する公式アプリでもカバーできます。

モバイルで使った場合はUserStreamはデータ容量を食うので使いませんし、利用シーンの頻度によって頻度も下がるかと思います。

今回紹介したTweetbotはリストなどフィードの購読的に使っている人には福音になるでしょう。

機能が複雑なサービスは必要に応じてアプリを複数使うのも手だと思います。

では、よい、Twitterライフを。

Tweetbot 4 for Twitter
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
現在の価格: ¥1,200

-レビュー
-, , , ,