@nagasの路地裏

地方引きこもりミドルがまったりあがいている、そんな場所

コラム

iPhoneのホーム画面に置いておきたいアプリ

iPhoneホーム画面

iPhoneはアプリ起動アイコンを置く場所としてホーム画面、ドック、2画面以降と大別して3っつの場所があります。 ホーム画面はホームボタンで戻るトップ画面でドックは画面下に常に表示される場所。 2画面以降の画面はスワイプ操作で表示させるものとなります。

アプリの収納方式は2段階層という形にグルーピングして収納できるフォルダがあります。

ホーム画面やドックは使用頻度が多いアプリを置く場所として使われるので各々違ってきます。 今回、割とホーム画面に置きやすいアプリをまとめてみました。

割と必須なアプリ

設定

アップデート後に色々と変わったり、そのアップデートを行ったりする割と重要な標準アプリ。 WiFi接続場所やBluetooth機器の接続設定、通知や各種アプリの設定など何かとiPhoneの動作をチェックしたり、環境を整えたりするのに使うものでホーム画面に置いてある人も多いと思います。

逆にこのアプリがホーム画面外やフォルダに入るなどしてる人は設定や環境はあまりいじらない人なのかと個人的には感じてしまいます。

App Store

アプリを追加やアップデートに必須のアプリ。 スマートフォンの肝のシステムアプリなのでこれを多く使わないという人はほとんどいないと思います。

電話

ドックに入れたりもするアプリですが、通話に関しては無料通話アプリなどを使っている人や通話機能そのものを使わないという人もいたりと温度差がありそうなアプリです。 契約のキャリアやMVNO業者などのプランによるものなので050や通話が安くなるアプリなどもあり得るのかもしれません。

自身においては通話定額に入っていろいろと企業や公共機関などの通話利用が多いのでドック入りです。 家族との連絡などにも需要なアプリですね。

メッセージ

SMS、iMessgaeのアプリですがこれも人によって温度差があるアプリです。 電話と同じにLINEやFacebook Messagnerなど別のインフラを使う人にはそれほど多く必要性がありません。

とはいえ、2段階認証確認で携帯へ飛ばしたり、キャリアの通知などSMSを利用する場面が多いのでそれなりに必須なものとは思います。

カレンダー

カレンダーのアプリは標準以外にも幾つかありますが、スケジュール管理には必至のものです。 iCloudで管理するか、Google Calenderで管理するか、などサービスは各々違うと思いますがクラウド同期で使う場面も多いと思います。

自分の場合は割と利用者が多いFantasticalですね。 リマインダーも統合してApple Watchでも使えるなど利用シーンが広いのがお気に入りです。 特徴であるイベント入力の自然言語利用はあまり使わないんですよね…

リマインダー

ちょっとした作業を忘却録的リストに残すに必要なものです。 タスク管理やToDo管理など標準以外にも幾つかありますが、簡単なメモ的に付けられて通知もしてくれる標準アプリが便利ですね。 閲覧、チェックなどはウィジェットでもできますがリマインダー追加はアプリからなのでホーム画面に置くのが便利かと。

ブラウザ

標準だとSafariですが、Chromeや何やらと他にも幾つかあり、好みの問題です。 検索機能があってもやはり、通常ブラウザはホーム画面かドックに置いておきたいものです。 ブックマーク呼び出しなど便利ですし。

天気

標準以外にもいいものがあるのでお好みなんですが、ウィジェットに置くかホームに置くかはアプリ機能次第かもしれません。 とはいえ、天気情報は結構使うと思うのでホーム画面に置いておく方が便利と思います。

マップ

標準マップもそこそこ使えるようにはなってきましたが、Google Mapの方がという人も多いと思います。 行き先や現在位置を探すということは割と多いですし、置いておくと便利と思います。

メール

未だにメールかという人もいるようですが、社会人には切っても切れないものになっています。 また、各種Webサービスを使うのにもメールは必須。 標準アプリのメール以外だと海外はMailboxあたりが結構利用者が多いようです。 他にも幾つかあるのでお好みで利用するといいと思います。

写真

写真の閲覧アプリですが、写真を取る場面が多い人には必須と言えるほどのアプリ。

LINE

日本人のマストアプリとなりつつあるというか、なっているようなインフラアプリ。 ドックに入れている人も多いかもしれません。 コミュニケーション系のアプリはその人の環境で変わる為なんとも言えませんが、LINEはもうニュースでよく出ちゃうくらいメジャーなので多分、大多数が使用頻度高いんでしょう。

ミュージック

標準音楽アプリでこれも手放せないものになっている人が多いとは思いますが、音楽をあまり聞かないという人や別のプレイヤー持っている、などという人もいたりとなかなか趣向のものはある方がいいと言いきれないのがあるので悩ましいですね。

必要に応じておく方がいいアプリなど

計算機

コントロールセンターから呼び出せるからいらないという人もいるようですが、画面下スワイプでタップというよりもワンタップでという方が楽なきもするので利用頻度でおくべきかと。 標準アプリ以上の機能のアプリもあるので好みによって使えばいいと思います。

カメラ

カメラ機能自体もロック画面やコントロールセンターから呼び出せるので必要かどうかは人によりますし、標準カメラ以外を使う人などもいるので利用にばらつきがあるかと思います。 とはいえ、今はもうスマートフォンで撮影がメジャーになったのでホーム画面に置いておくと便利な場面もありとは思います。

メモ

ちょっと気が付いた事を書き取る的には便利なアプリ、機能だとは思います。 標準アプリもかなり高機能になってきたのでMacなども使っていると便利さがあるのですが、人によってはEvernoteを代用にしていたりもしますね。 Evernoteだとクライアントアプリをサードパーティーなどのものなどでメモ専用とかいう感じで使っている人も多いと思います。

連絡先

アドレス帳。 コンタクトを取る相手が多い場合、連絡先アプリを使う場面もあるのですが、LINEが中心とかいう人も多い昨今だと各種メッセージングアプリなど個別に利用する場面の方が多いかもしれません。

まとめ的なもの

ホーム画面やドックに置いてあるアプリアイコンなどはその人の生活スタイルが見れたり、利用サービス、趣向もわかったりします。 スマートデバイスはその人の生活をさせるものなので機能を多く使ったりする方がいいということと必ずも一致しません。 一度染み付いた習慣はなかなか手放せないものです。

今回フォルダについて言及してませんが、フォルダ内に複数画面を持つ、という構図なので多くまとめすぎるのは不便な機能と思っています。 たまに使うので消すには惜しいアプリ、サービスという場合には結構使える利用法とは思います。

また、ランチャーアプリに関しても同様なものでランチャー起動ワンタップ、目的アプリ起動ワンタップということでフォルダと同様なものという気もします。 ランチャーやフォルダなどのアプリ整理に関しては個人の趣向や癖などあるので決まった形はないかなと考えています。

Webサービスもブラウザから使わずにアプリからという流れが主流なのでTwitterやFacebookをホームやドックに置く人もいると思います。 Evernoteなんかはかなり使い勝手がいいので使い込んでいる人には必須だとは思います。

2画面以降やフォルダの奥に行くようなアプリはかなり埋もれたりするためストレージの肥やしになったりすることもあると思います。 2画面以降奥に置いて通知バッジを見ないようなフォルダなどあるのは作業的にズボラになっているかとも思います。 数ヶ月に1度くらいは見直ししてホーム画面やアプリの整理をすることをお勧めします。

-コラム
-