@nagasの路地裏

地方引きこもりミドルがまったりあがいている、そんな場所

コラム

MacBook Pro Retinaが修理になってタブレットで生活してみた

Th MacBookのゴム足とれた

MacBook Pro retinaの底面にあるゴム足がポロリと取れました。

Appleに問い合わせるて色々とやりとりした結果、修理扱いということで集荷しないと直せないとのこと。

集荷から3〜5日程度かかるということで、その間は手持ちの機材でしのぐ、ということになりました。

個人的にWindowsアプリはそれほど期待していないですし、まあ、タブレット中心かなあということでのんびりブログも更新せずに過ごしてみようと思いました。

スマホとタブレットで生活

Th タブレットの閲覧環境

中心はiPhone、iPad miniで。

ながら見などを中心としている生活なのでDLNAクライアントとして動いてほしかったり、Twitterのユーザーストリームで垂れ流してほしかったりと使ってないようでいて割と環境的にタブレットは枚数あっても設置場所に困らなければそれほど不必要はないんだなあと実感しました。

具体的に目の前にモニターがあれば横と斜め前程度には数枚あるのが望ましいと。

左腕が骨折後の後遺症で力が入らないのもあるのでその部分は今後の検討課題です。

iPad miniを電子書籍とかReederを動かすと補助的にXperia Z4 TabletがTwitterサブモニターという流れもありますが、これだとちょっと落ち着きません。

タブレットを膝の上で固定するというのもなかなか慣れないですし、この部分はSurface3もうまくいかないものです。

そこで操作としてはiPhoneなどをという流れも試してみましたが、まあ、こっちの方は情報量が少ないという欠点も。

なかなか役割が固定できないまま、時間は経ってしまいました。

文字入力、それは非常に問題です

PC的にタブレットを扱うとなると避けては通れないライティング、編集作業。

まず、iPad miniですがロジクールのBluetoothキーボードを使って作業をしてみました。

確かにアプリはいいものがあるんですよ。

UlyssesやDraftsもあるので困ることはないのです。

しかし、日本語変換が変換切り替えレスポンスがかなりストレスが溜まるレベルで使い物にならない。

ライブ変換に慣れてしまったことも追い打ちをかけてしまい、さじを投げました。

Surface3は一応、PCなのでその部分は問題ないのですが、膝の上で固定しにくいのもあってイマイチ。

まあ、変換は慣れなんでしょうね。

以前はこのワンクッションが変換のスタンダードだったのですが。

意外に良かったのがXperia Z4 tablet。

BluetoothキーボードのBKB50を接続するとほぼノートPC的になることと意外にヒンジの部分が固定できてるので膝の上でもノートPC的に使える感じ。

日本語変換はWindowsと同じようなものなのでここは仕方なく。

バッテリー駆動やら何やらを考えるとSurface3とXperia Z4 Tablet、どちらかがベターなライティングツールに感じました。

入院までには環境作っておくか、諦めてiPhone依存にするか、しばらく考えたいと思います。

タブレットの閲覧能力は素晴らしい

今更ですが、やはりタブレットに求めるのは閲覧性の部分で編集やファイル処理とかではないよなあと。

iOSはその部分が顕著でその部分は余程のテコ入れがない限り、Macの方が親しんでいるぶん扱いやすいと思います。

モバイルでやらなければいけないという必要性があることでの環境構築には反対しませんが、そこまでやるのはなかなかハードルが高いかと私は思っています。

それとは別に最近大型化してきたスマートフォンが意外に入力面や閲覧面なども片手間の延長では使えるなあと思いました。

割とスマートフォンで閲覧している時間が今回長くなっています。

アプリの利用とスタイルによりますが、動画閲覧などはタブレットがやはり優れているように感じました。

電子書籍は言わずもがなですが動画関係は昨今のVODサービスが多くなったこともあるのでTVも殆どいらないなあというところまで来た感じはします。

You tubeを見るにしてもブラウザよりアプリの方が操作面で手順が少ない印象です。

そしてMacBook Pro retinaは帰ってきた

蛇足的な感じですが、修理にかかった日数と費用。

金曜の午前に集荷されて通うの午前に配送されました。

1日くらい早くできたかもと思いましたが、修理に関してゴム足1個でも底面入れ替えになっている感じなので修理日数として1日は必要だったとは思います。

費用ですが、ゴム足に関しては言われているようにAppleCare保証対象外になるようです。

状況にもよりますが、現状では修理費請求になると思った方がいいでしょう。

肝心の費用ですが、4万に足が出たというレベルでかなり割高感があります。

費用を考えるとサードパーティーのゴム足を貼り付けるだけでもいいとは思います。

まあ、機構的にゴム足をしっかりとつけたい場合はやはり修理になりますね。

固定器具が何らかの原因で取れた、ということでしょうし。

MacBookはやはり移動で扱う場合はいろいろと気をつけたほうがいいなあということですね。

-コラム
-, ,