@nagasの路地裏

地方引きこもりミドルがまったりあがいている、そんな場所

コラム

忘れ去っていまいそうな通知をタスク処理に

2016/02/03

Old post

スマートフォンによる作業処理のフローの一つに通知処理というものがあると思います。 昔の携帯やPCはメール程度がプッシュ配信で送られてくるものであり、作業の中断はもっぱら電話や直接的なものだったと思います。 インフラとしてモバイル回線が整備され、スマートフォンの処理やクラウド環境が整うことでプッシュ通知は多くなりました。

SNSの通知やニュースアプリの定期通知、メッセージアプリの大衆化など通知を切るような実装が必要なところまで割り込み情報の取得が多くなっていると思います。 Google Nowなんかは場所や時間などコンシェルジュとしてかなり強力にアプローチしてますし、リマインダーなどで時間場所を指定することで作業の忘れを減らそうというのも当然のようにあります。

これらの機能は様々なライフスタイルで各々が必要に応じで取捨選択するためなかなか扱いが難しいと言えます。 Apple Watchでの注目を浴びたスマートウォッチの分野でも通知は柱の一つであり、扱い方は利用者に求められます。 これだという正解がないため、利用を考えないと活用シーンを減らすということにもなるかと思います。

通知のタスク化

Task

通知は大まかに二つに分類されます。 一つがリアルタイムに必要なものでもう一つはスタックして必要な時に処理するものです。 前者は電話やリマインダーであり、後者はSNSやメールになります。 通話のし放題プランが一般的にならないこともあるように通話は思ったよりは利用されなくなってきているようにも思えます。 企業も対応のスマート化でメールなどで後日回答などが一般的になってきました。 スタック型は処理を先延ばしにできる反面、忘れることもあります。 最近はメールをタスク化するということがトレンドになってきています。 GMailをタスク処理化するMailboxは一時期話題になりました。 タスク処理とすることで必要不必要を明確して通知内容をうまく回せると思います。

iOSには通知センターがiOS5から実装されました。 この通知センター、メジャーアップデートのたびに実装がかなり変わってきています。 初期の頃から比べて複雑化する一方、そもそも通知センターの呼び出し方法が画面外上方から下へ向けてのスワイプという知らないとわからない方法なこともあり、知らないといつまでも使わない機能な気もします。

Ios notification

また、Androidのようにウィジェットを実装せずに通知センターに実装したためにiOS9現在、ウィジェットによる簡易機能呼び出しの方が色が強い気もします。

通知はiOS9により時間やアプリごとなどすべてまとまって表示されるようになりました。 これをタスク処理化するのはそれほど難しいわけではありません。 iPhone立ち上げ時に溜まった書類を片付けると同じように通知を確認して消去するだけです。 単純に言えばこれだけですが、メッセージやTwitter通知など多くなってくると面倒になってきます。 これは通知量が自分のライフスタイルに対して許容用を超えているということなので通知量を下げるように各アプリの設定を変えるべきです。Apple Watchを利用している場合はiPhoneのアプリで削るということで対応もできます。 通知をリアルタイムに逃してみないというのは機会損失につながります。 自分が受けれる量を調整して一定時間にスマートフォンを確認するようなサイクルにすべきです。

SNSにおける通知利用

Smartphone

Twitterにしろ、Facebookにしろ、流れてくる情報はリアルタイムでなかなか追いにくくなっていきます。 リストで管理ということが必要ですが、今回は通知に限っての話なので触れません。 友人などや災害情報などは通知機能を使って補足するようにしておくと今の状況を掴みやすいと思います。 タイムラインなどを遡って情報を探すことや検索よりも早く状況を把握しやすいと思います。

Twitterでは各メディアなど公共情報が非常に多く集まっています。 災害情報や友達のTweet、特売情報などや企業情報などを必要な時間に確認しやすいように通知設定を活用しましょう。 Facebookも多くの友人などいる人も多いと思います。 友人と言いながら会社や名刺交換した程度の人もいるので不必要な人で埋もれるニュースフィードを見るよりも通知機能を活用する方が賢いと言えます。

LINEなどは放置しやすい場合は一言断ることでお互いのやり取りもいいかもしれません。 ことLINEに関しては温度差もあるのでなかなか扱い難しいものかもしれません。

一度、ツールの通知設定を見直し、自分に必要な情報を洗い出してそれを調整しながらスマートフォンを扱う時間などを決めて生活をよりいいリズムにすることを提案します。

-コラム
-, , , , , , ,