Life is Enjoy

生活を楽しく

レビュー

MADOSMAのWindows 10 Mobileセットアップから使用感まで

Th ロック画面

セットアップはバグ遭遇率高し

Windows 10 Mobileを上書きアップグレードしました。

プリインストールと同じ状態になったのでセットアップを進めていかないといけません。
寝る時間前だったのでスクリーンショットがないですが、まあ、基本なくてもいい話なので要点だけでもつかんでもらえればと思います。

言語設定から始まり、大体の部分は特に問題がないと思います。

問題になるのは「各種サービスを同期しましょう」とMicrosoftアカウントを紐付ける画面です。
サインインすると…入力欄が出ありません。

こちらでも報告されてますが、自分の場合は戻っても復活しないですし、もうなんというか、サインインできなかったです。
どうやら描画を見ると一応、フォームは書かれてますが、移動のボタンを出すタイミングで表示が見えなくなります。

仕方ないので「後でサインインする」をタップしてローカルアカウントで進めました。
Microsoftはクラウドへの舵を切ったということなのでこういうところはちゃんとしてほしいものです。

最後にアプリのセットしますが、これが意外に時間がかかります。
次に行くボタンがアクティブ化するまでのんびりしましょう。

最初の起動ではそれほど差がないものの、カスタマイズ後は快適

Windows 10 Mobileセットアップ後

Windows 10 Mobileが最初に立ち上がってみると、Windows Phone 8.1の時よりは配色が違う、タイルに最初に入っているものも違う、程度の差があまり感じられませんでした。
ということで幾つか設定を見直していきます。

ストレージ周りをSDへ

MADOSMAは内部ストレージが弱いのでSDカードに逃がした方がいいアプリや写真などはそちらへm割るようにします。
ここら辺はWindows PhoneでもWindows 10でも同じですが、設定のストレージから弄ります。

以前のアプリデータなどは意味がないので結局フォーマットをしました。
Office関連や移動の可能なアプリは可能なものはSDカードへ移動しました。

PINコードや壁紙、Edgeなど

PINコード入力

最近の端末らしく、PINコードによるパスコード入力をロック画面に設定。
他に、壁紙を設定するとかなりWindows Phone 8.1とは感じが変わります。

Edge お気に入り同期

今回、IEが廃止されてEdgeになりましたが、お気に入りやID、パスワードまで同期されています。

艦これ動きません

よく聞く人がいますが、Flash非搭載なので艦これは動きません。

カメラオプション

また、カメラは結構進化していてホワイトバランスや明るさなどの調整、HDRも可能になっています。
それほどがに強くなるというわけではないですが、Windows Phone 8.1と比べてかなり細かいところまで手が届くので使えるカメラになった感じです。

マップ

マップは以前のものが酷すぎたと言えばそうなのでやっとまともになったという感じです。
ただ、画像による表示のためか、どうしても倍率によっては汚く見えます。
とりあえずそこそこ実用的になったものを出してきたという感じなのでこの部分はさらに改良して欲しいところです。

Windows 10 Mobileの最大の利点はアプリにあり

Windows 10 Mobile 設定後

UXは以外と気持ちいいくらい軽快に動いていますが、やれることに関してはそれほど他のスマートフォンに対して多くなく、むしろ劣っている部分は多いとは思います。

Windows 10 Mobileは実は、アプリの実装部分が肝でWindows 10とユニバーサルになっているアプリにおいて設計されていればデータの引き継ぎがシームレスにできるようになっています。

ここら辺はMacとiPhoneなども結構強みですが、同様のものを実現しています。
また、アプリが同じということなので一度購入しておけば大体は同じアプリを扱えるようになっているのは便利です。

操作感などPCと統一しているということが強みでAndroidと比べてデータ利用の幅が広がって使えそうです。
格安スマホ/SIMの一翼を担えそうな未来感は高いと思います。

Windows 10 Mobile端末ラッシュの2015年年末

今年のMicrosoftはWindows 10の公開を始め、クラウドへ舵を切って他のメーカーにアプリ提供、Surfaceの拡充と目を引くような動きが多かった年だと言えます。

国内に目を向ければWindows 10はそれほど振るわなかった反面、Windows 10 Mobile端末を多くの会社が参入してかなり驚くような状態と言えます。

携帯電話の料金問題などもあり、格安スマホとしてミドルからローレンジ対象のスマートフォンが揃ったということはかなり意義があったと思います。
スペックがかなり左右されるようなAndroidと比べてかなりOSの負担が優しいのか、同程度の値段のAndroidと比べてもアドバンテージに思える点はすごく評価できます。

あとは国内開発者をどれだけ取り込めてアプリを増やせるかという流れと、端末メーカーのサポート次第でしょう。

来年も端末、アプリ周りで躍進があることを切に祈ります。

-レビュー
-,