Life is Enjoy

生活を楽しく

ニュース

【10/17〜10/21】 鳥取地震、Amazon・任天堂の新製品など

Th 揺れる建物

自分的にはKindle関係をいじったり、iPhone7 Plusが到着したりと色々とあった週ですが、IT業界としては注目して紹介したいという話もあまりなく、また、社会全体として地震以上の話も特にないという印象。

年末商戦の動きも今後出てくるのかもしれませんが、製品的には風物詩的にいつもの延長の、みたいなものが話題の中心だったり、政治経済ともに様子見の部分などで均衡してたりと変化が少ない分、今後大きく動くとインパクトあるような状況なのかもしれません。

10/21 鳥取地震 震度6弱

何はともあれ、一番大きな話題といえば鳥取を震源地とした震度6弱の地震。

甚大な被害はあまり聞こえてなかったですが、停電や建物の破損など現地は結構大きなダメージだったと思います。

今年は熊本地震もあったりと日本という島が今後も不安定でいつ自分の身に降りかかってもおかしくないというのを再度認識するところでもあります。

10/18 Amazon.co.jp Kindle Paperwhiteマンガモデル発売(10/21)

Amazonの電子書籍デバイスKindleの日本向けの限定モデルが発売されました。

速度の向上やマンガに特化している部分はさすが日本と言えます。

ハードのアップデートでなく、ファームの向上によるところも大きく、手元にあるKindle Voyageに入れてみて同様の機能などが使えるのは嬉しいですね。

以下、自分が試したレポート記事です。

10/19 NTTドコモ、新製品・サービス発表会

総務省が口出ししてから色々と動いている携帯通信業界。

格安スマホ対抗や各種サービスなどドコモは一人負けのところから色々と展開しているなあとは思います。

先週出されたSamsungのgalaxy Note7の生産終了など発火問題でドコモが一番影響受けたのかもしれません。

スマートフォン自体、極端に差が出てこなくなってきている状況なので消費者的には多様化して自分に合うものを探すフェーズになったと思います。

ガラケーにも言及されていましたし、各社色々と試行錯誤しているような印象です。

任天堂、ゲーム機新機種発表「Nintendo Switch」

任天堂の株価が上がって発表会後に下がったという話。

形状などは発表されましたが実際どうなの?というイメージがつきにくかったりします。

ゲーム端末業界はスマホ市場が強く、SonyのPS4がVR含めて好調でMicrosoftのXBOXはどうもふるってなかったりとSonyがとよく出ている状態と思われます。

そんな状態でiPhoneなどにキャラクタゲームとしてスマートフォンに参入して驚かせた任天堂がどう展開していくのか読めない分、面白い状態なのかもしれません。

世間の動きの雑感

オリンピック関連は大きな動きというほどではないですし、東京都は豊洲移転問題もあって何か大きく動いたというよりも毎回ゴタゴタしているなあという感じ。

地方からだともう冷めているところはあります。

過労死問題がいくつか電通側の問題が出てきてますが、これも他人事というか、社会全体・日本企業ではよくあるなあという部分で今まで車内で色々と言ったりしたりして自分の無力感を感じて今の状態なので第3者的にしか見えません。

この機会に何か変わればいいんですが20年以上の体質が社会全体で維持しているのであまり期待するほどの効果が出るとは思えなかったり。

お騒がせ的なフィリピンの大統領の外交の話題。

どの程度に非米に影響あるのかわからないけど、経済を持って強い外交、利権を要求する中国をどう捉えるのかという話で日本側はどうしても中国イメージが悪いのもあるので否定的になるのは仕方ないですね。

まあ、最近デジタル製品などはほとんど中国メーカーになっていってるので正直、個人のスタートアップレベルではなく企業レベルでもう少し存在感を日本人主導で出てきてほしいとは思います。

そういう部分から見ると中国共産党の動き云々はあまり強く意識せずに自己の開発。生産性を上げる方へ注力していく方が建設的なのかなあと思ったりもしてます。

米国の大統領選挙や北朝鮮のミサイル発射失敗とか色々と細かい話題もあるので目を通すべきではありますが、まあ、経済を中心に添えるとそこまで市場が荒れてないのでトレンドは緩やかに安定しているような気もします。

そういう意味ではあまり大きな動きはなかった1週間だったのではないでしょうか。

-ニュース
-,