Life is Enjoy

生活を楽しく

ニュース

【10/31〜11/4】米国大統領選挙と韓国大統領疑惑の1週間

Th 大統領選挙

ガジェット的なネタは後述に簡単に書きますがほとんどないです

自分的にはいくつか出来事があった気もするのですが、世間的な動きの方が何かと今後に影響してくる、そんな週でした。

米大統領選挙前のゴタゴタ

クリントン候補のメール問題をFBIが再調査するということで今まで多分クリントンが大統領になるだろうなあという話が不透明感漂う事態になってしまいました。

クリントン支持者がドン引した結果、投票率が下がるような方向になっていき、トランプ候補の支持率が相対的に高まったという話です。

なのでトランプ候補の票数が増えたというわけでもないですし、そもそも共和党の党内ですらトランプはハブられている部分もあるのでやけっぱち的な活動が功をそうするということはないわけで。

経済的にはどちらが大統領になったとしても一定のダメージはあると考えられています。

自由貿易に関しては現状どちらも否定的な側面があり、TPPはどこまで実行力をアメリカに迫れるのかは不透明です。

連邦準備銀行(FRB)の利上げも大統領選の行方によってはどの時期で行われるのか左右されると思います。

FRBの利上げは経済がおおよそ分かっている人には説明入らないと思いますが、利上げが起こるとドル買いに動くため、資金がアメリカに流れ込む方向が強まり、特にドル建てになっているような新興国経済が低迷する可能性があったりします。

ドル高に関しても米国では好まれてないこともあるのでそのさじ加減や動きはわからないのですが経済の動きが変わることになるので注目していい話だとは思います。

どちらにしろ、不透明感が強い大統領選挙後の世界になるのでニュースを見てものの流れやトレンドなどは押さえておく方がいいと思います。

韓国朴大統領の機密漏えい

支持率が過去最低になっている朴政権の機密漏えい問題。

韓国を好意的に見ない人もいるほどの関係の改善が進んでいない日本ですが、韓国は色々と日本の外交や経済バランスで混乱しては困る国だったりします。

一番なのは北朝鮮でこれに関しては米国と中国の駆け引きなどもあるため韓国がうまく立ち回ってもらわないと北朝鮮の抑制が機能しなかったりします。

国際的な話をもう一つついでに言えば慰安婦問題。

どうにか朴大統領と調整ができたこの件も政権が混乱して履行されない場合、韓国と日本の外交上のトラブルも考えられますし、日本としては女性の地位が低いと世界的にも言われているため、イメージを悪化させる可能性もあります。

中国寄りから日本・米国へ韓国の経済がシフトしつつある中でのこの状況なので北朝鮮の動向も見ながら関心を持って見る必要があると思います。

IT系はあまり動きなし。

人によっては今週行われたAdobeのクリエイター向けイベント「Adobe MAX」を注目していた人もいたとは思いますが、自分的にはスルーという方向なのです。

あと、目立ったイベントだと中国スマホメーカーのHauweiがフラグシップスマートフォンの「HUAWEI Mate 9」を発表したという話。

日本でも販売されるということでスペックが高いスマートフォンが欲しい人にとっては選択肢の一つに入るレベルのものかなと。

他方、ドン・キホーテが最安値水準を謳ったWindows10搭載の10.1型2in1を発表という話もありました。

安いWindows10搭載2in1は最近だと恵安(KEIAN)のWiZブランドがありますが、高解像度でなく、スペック的にCherry Trailでそこそこ、キーボードもまあという程度という所得はこのドンキPCも価格としては頑張ってるかなというスペックかとは思います。

思いますが、最近中国通販サイトで中国メーカーのPCやスマホなど見ると価格が倍近く違うとかいうのもあるんですよね。

無論、個人輸入や設定などのリスクを考えると当然国内製を買った方が信用があるというかトラブル対応してもらいやすいというのがあるんですが、日本はデジタルデバイス、本当に終わったなあと。

中国メーカーは生サインラインを抱え込んで人件費をうまくコントロールして国内需要で支えられるというのが強みですよね。

いつまで続くかわからないですが、日本の高付加価値のものにデフレで収入が少ない中で国内需要は難しい今を考えると消費者行動が今後どうなるのかは心配だったりはします。

-ニュース
-