Life is Enjoy

生活を楽しく

ニュース

【11/7〜11/11】トランプに振り回された今週、IT系は小粒でも目につくニュースも

Th Trump president

大番狂わせの大統領選挙

アメリカメディアを始め、エコノミストの多くがヒラリー・クリントンの当選を予想(というか希望)していたのに対して結果は大番狂わせのドナルド・トランプの勝利。

速報情報などを当日見てましたが、激戦区をトランプが抑えたことで流れとしてはトランプ勝利かなあと感じてました。

差別主義的・保護主義で良識的にはあまり思えないトランプの大統領当選ということで今後の不透明感はイギリスのEU離脱と同様、経済にダメージだけでなくアジアの防衛戦略も不透明と日本としては頭をかかえる案件になったと思います。

勝利宣言以降の流れを見ると良識ある大統領になるそぶりもしてますが、政策や言動がどうなるのかはこれからであり、どこまでリスクがあるのかわからないという市場が一番嫌がる状況になったと言えます。

為替や株がおしもどrされて平叙運転に戻ったように見えるのは安心感という分析もありますが、わからないものに対して安心しないとという本能的防衛のようにも感じました。

来年はリスクが高いとして思って投機的に動く、もしくは休みながら利幅低くビジネスをという流れになるのかと予想します。

こういうのは怒った後には理由づけできるのですが、起こる前の予想なんてどんな肩書きの人のものであっても絶対ではないし、ただの感想でしかありません。

気楽にゆるく考える方がストレスない、そんな年が2017年になるんでしょうね。

世界の大きな動きの影でも結構大きい日本の動き

米国大統領選挙が大きく取り上げられていたため国内ニュースは報道数が目立ってないような印象ですが、結構それなりのものがあったと思います。

特に印象が強いのは博多駅前の道路陥没でしょうか。

人身事故的なものはなかったことや復旧が素早いこともあり経済的損失も増加していかなさそうでひとまずはという感じです。

今年に入って九州地方はなにかと事故や災害があったりですが、日本全体的にも災害の多かった年だったとは思います。

それ以外だと自分的に印象的なのは電通への厚労省立入検査あたり。

ある種の政府のプロパガンダ色も大きい話で是正は行って欲しいですが経団連始め中小や非加盟企業なんかもワークバランス無視の風土があるので今の効率性・生産性の低い事業体系や労働コストカットなどをどう改善するかという、まあ解がなさそうな問題にどう取り組むかのオープンな実験をしてもらわないと多分無理。

1社の問題ではなく、当然広告業界だけの話でないわけだけど世間的に他人事とどこも見ているのでデフレ常態だともう就労にはリスクがあると考えたほうがいいのかもと思いました。

あとは、TPP関連法案が衆議院で大統領選挙の陰に隠れてひっそりと通過、あたり。

野党の国際バランスが内向き・保護主義的に見えなくもなく、まあ、内外ともに反グローバル化の流れというのは昨年からのトレンドになった感じはします。

ダイバーシティー(多様性)もそうですが、今までの価値観や道徳観、技術などで先進的なものを受け入れるにはやはり時間が必要だという話もあります。

批判も時には必要なのでしょうが、一旦立ち止まる必要がある時代なのかもしれません。

IT業界は年末へ向けて加速

中国、11月11日の独身の日セール

中国ネットショップ大手のアリババ集団が始めた11月11日の「独身の日」セール。

中国のネットショップ各店もセールを行っていて今年の売り上げも好調と。

日本消費者もネットや個人輸入が簡単になったこともあり、特にガジェット系は賑わっていたように感じます。

ただでさえ安い中国ガジェット、かなり割引されてましたし。

国内でもソフトバンクグループ、主にYahoo! Japanがセールを行っていました。

ネットショップといえば大手楽天、他のネットショッピングモールが追随すれば中国のような流れもある程度できそうですが独自色を好む日本企業だとどうなんでしょね。

国内でSpotifyが全ユーザーに解放

ローンチイベント後に招待制だった音楽配信サービスのSpotifyが登録すれば誰でも利用できるように。

Spotifyの良さはプレイリストの豊富さ、アプリの利便性、多様なデバイスとありますが、特に無料プランは驚異的です。

音楽をラジオのように聞く的にはかなり使い勝手のいいサービスです。

日本だと音楽への興味や購入意欲などが低下していると言われているのでこれがどれだけ起爆剤になるか注目です。

年末商戦向けに各社セールや新商品投入

任天堂の懐かしのファミコン復活

任天堂が懐かしのファミコンを小型にしてソフト30本をつけた「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピューター」を10月10日に発売しました。

すでに品切れ状態ですが、海外でも瞬殺されていてかなり好評のようです。

今は転売屋の多くが出品していますがそのうち生産が追いつくと思います。

任天堂といえば今年は「Pokémon GO」やリオオリンピックの安倍マリオ、新機種の「Nintendo Switch」発表や「Wii U」生産終了と何かと話題に上がった年だと思います。

ゲーム関連ではVRでソニーも好調のようなのでこの分野で日本は強みを生かせるか、今後が楽しみです。

HUAWEIの人気格安スマホP9シリーズの値下げ

MVNOでも値下げが起こっていたHUAWEIのP9/P9 liteをHUAWEIが値下げという話。

今年の格安スマホで人気の商品をといえばこのHUAWEI P9/P9 liteでしょうか。

iPhone7でデュアルレンズが持ち上げられましたが今年のスマートフォントレンドの一つがデュアルレンズかと思います。

また、P9 liteのコストパフォーマンスはかなり高く、多分一番人気じゃないかなあと。

キングジムの変形キーボード小型PC「ポータブック」投げ売り

文具メーカー大手のキングジムが入力デバイスとして販売していた変形キーボード小型PCの「ポータブック」が謎の投げ売りセール状態。

特定のショップだけかと思ったらネットショック各店でも2万円程度で販売されているようです。

非力なスペックですが執筆用のデバイスでWindows10が動くということで面白いデバイスと思います。

発表当時の価格が9万円程度していたことからさすがに手が出にくかったものではありましたが、この値段であれば気になる人もいるかもしれません。

-ニュース
-, , ,