Life is Enjoy

生活を楽しく

コラム

物の所持・整理のためのEvernote

2016/02/03

Evernoteの日本本格上陸

EvernoteがXperiaの発表あたりからDoCoMo、SONYあたりを中心に話題になってきてましたね。
日本のプレミアム利用者も多いということらしく、そこまで普及したかと個人的には半信半疑でしたが、実際に手放せないという人も見かけるのでコア層が確かにあるのかもという感じはします。

自分もプレミアム会員ですが正直持て余し気味でさて、どうするかと日々試行錯誤の状態です。
わりとEvernoteをどう使うか悩むという人が多いようなのでメモ的な感想を踏まえながら実用的に使える例をちょこっと上げてみようかと思います。
主に趣味的な方向で。

Evernoteの活用事例

さて、Evernoteの記事は多く見ますが割と多いのは

・GTDなどタスク管理
・アイデア用の情報詰め込み場所
・生活記録ログ

あたりでしょうか。

特にライフハック系の記事はGTDなどタスク管理系やアイデアを即座に取るといった記事が中心なり、詳細や手法などが紹介されています。
タグ、ノートの管理、ノートブックを複数利用などが目に付く方法の骨格でしょうか。

確かにタスクフローをある程度決めていける業務に有効ですが、著作者の仕事環境に依存する部分もあるためどうしても共感・利用できない感じになりがちな気もします。
かく言う私も、どうも自分の今の仕事状況には合わないなあと思うこともあります。

ここではとりあえずとっかかりの一例として特殊な感じなものを取ってみて、利用者の利用方法の幅を考えるキッカケにでも出来ればと書いてみたいと思います。

チェックボックスを活用する

Evernoteにはチェックボックスという動的に変えることができるアイテムがあります。
これを用いて物の管理をしてみたいと思います。

コミックや小説、CDやDVDなど管理する方法は幾つかあり、Webソーシャルサービスもあります。
単純にあるものを管理するにはその手のサービスを使うほうが楽な場合もあります。

私個人もそちらのサービスでの品物整理をしてますが、そこに登録するまでのステップにEvernoteを使ってます。
通販の予約や申し込みの状態管理です。

これだけはどうしても煩雑になり、GMailのInboxに貯まる一方なのでどうしたものかと悩みどころでした。
数点だけならばいいのですが、毎週Amazonから届いてくる状態を考えるとさすがにパンクです。
こうしてEvernoteのチェックボックス管理で見通しをよくしました。

これも情報がたまっていけばタグを、終了したものや時期を管理しだせばノートやブックなどでの仕分けが必要になります。
また、本の表紙などのスキャンやAmazonページのPDFリッピング追加ノートもありでしょう。

まとめておきたい情報は個人差があると思いますが、ひとつの情報管理として参考に。

【2015年25日追記】アプリが増え、連携サービスが増えてきました

2010年頃の記事はiPhone/Apple系のブログ記事よりはタスク管理の手法の研究などを記事にしたもの中心で、現在のライフハック系のブログの走りだったように思います。

Evernote
カテゴリ: 仕事効率化
現在の価格: 無料

-コラム
-