@nagasの路地裏

地方引きこもりミドルがまったりあがいている、そんな場所

レビュー

Appleのワイヤレスイヤホン「AirPods」が到着したので簡単レビュー

Th AirPods

12月13日の23時ごろに突如としてAppleオンラインストアでAirPodsの注文受付が始まりました。

19日に発売ということで実店舗でも当日ぶんがすぐ売り切れた模様です。

自分は14日の朝4時ごろにその日の作業を開始するために起きた時点でApple関連ブログのエントリーで知り、すぐにAppleオンラインストアで注文しましたがその時点で4週間待ちでした。

発表当初から注目されていた製品だけに人気はすごいものなので仕方ないなあと思いましたが、生産体制がその後改善されたのか先週水曜日の12月22日にいきなりAppleオンラインストアの方から出荷の通知が来ました。

おかげで無事25日に到着して使い始めたので簡単ですがレビューをしたいと思います。

要点的に簡単なAirPodsのレビュー

AirPodsの感想を簡単に言ってしまうと

  • ペアリングが未来的
  • 音質は普通くらいだと思うけど、自分的には結構いい方と感じた
  • 装着感が超不安定

という感じにまとまります。

開封後すぐに使えるレベルの親切なペアリング設計

はじめてAirPodsのケースを開けるとiPhone側で設定メニューがすぐに立ち上がり、接続を選択するとそのままBluetooth接続が完了します。

Bluetooth機器は普通接続する場合は設定アプリからペアリングを行わなければいけませんが、ここまで簡単にできるのはさすがと思いました。

他のiOSやMacなどのApple製品との接続は最初にiPhoneとペアリングを行なってしまうと同じiCloudアカウントであれば全てのデバイスに登録されて普通にBluetoothオーディオと接続するようにメニューから選ぶだけで使えます。

Bluetoothイヤホンにおいては満足の音質

音質云々を言えるほどの耳があるのかという気もしますが、少なくとも片耳Bluetoothレシーバーで音楽を聴くのとは雲泥の差です。

安価なスポーツ用のBluetoothイヤホンとも次元が違うと感じました。

低音が効いてますし、かなりはっきり聞こえます。

形状の関係で周りの音も聞こえるのでその点が密閉型とは大きく違うところでしょうか。

多分ほとんどの人が思う最大の問題点の「装着感」

AirPodsを評価する人が以上のメリットを帳消しにするデメリットとしてあげるであろう装着の不安定感。

落としやすそうというのも形状から覚える不安感だとは思います。

Th 装着感

実際に装着すると耳にデバイスがフィットせず、どうしてもフラフラと落ちそうに感じてしまいます。

落ちるかどうかに関しては日常の普通の動作程度では落ちません。

落ちませんが動作によっては落ちそうに感じてしまうのでそれがすごくストレスになるとは思います。

落とすことを心配するような場所では使わないか、耳をカバーで覆うとか、そういう利便性やデザインの利点を失うようなことも検討しないといけないのかもしれません。

その他注意点

AirPodsにはボタンというものは存在しません。

ダブルタップ以外のジェスチャーもありません。

そのため音量などの調節は接続機器かSiri、Apple Watchを利用するしか方法が用意されていません。

割り切り方がすごいことで有名なAppleらしいところでこの部分に関しては購入時に注意しないといけないと思います。

レビューのまとめ

AirPodsは未来的なものが好きな人はマストバイだと思います。

Bluetoothオーディオ機器というよりはウェアラブル端末の延長という方がこのデバイスを表すのに相応しいと思います。

Apple Watchを持っていると使い勝手がかなり変わるので持っているかいないかでも評価が分かれると思います。

デザインに関してはきにする人は気にするでしょうが、しない人はしないですし、これは好みの問題だと思います。

上で述べたデメリット面を納得できるかどうかがやはりこのデバイスの評価の分かれ目なのかなあと思います。

音質を気にする人は密閉型優先ヘッドホンを選ぶでしょうし、そもそもハイレゾ音源とかスマートフォンで聞くか、というところで対象から外れると思いますし。

独立型Bluetoothイヤホンを選ぶ中では格安のデバイスなので価格を考慮すれば他の選択肢はないと思います。

自分の感想といえば、今年最後の大きな、そして未来的に感じるマストバイな素晴らしいデバイスだったと声を大きくして言いたいですね。

-レビュー
-, ,