Life is Enjoy

生活を楽しく

レビュー

日帰り旅行でAndroid艦これをやってみたけど、結構快適という話

Th Android艦これ

日帰りの車での旅行をしたのでその時の雑感を。

そもそも車内後方座席でゲームをするのは揺れなどもあって快適ではありません。

酔ったりもするのでむしろ推奨できないものです。

このような環境下で艦これを行えるかどうか、という点はやれる作業と通信環境がある程度揃える必要があると思います。

目の疲れから考える

おおよそ酔う、疲れるのはディスプレイを注意深く見ることで、要するに放置的な作業がいい、ということは想像に難くありません。

デイリーの開発、改装はある程度の決め打ちが素早くできてさえすればあとは画面タップという感じなので問題ないように思えました。

同様に演習も画面を眺める理由はありません。

イヤフォンで終了したら適当に画面遷移する、という流れで大体問題ないです。

無理だと思ったのはキラ付け。

1回、2回程度ならばいいのですが、遠征全部とかそういうことをやろうと思うとさすがに目が追いついていきませんでした。

編成が決まっている場合はそれほど目に負担はかからないのでダラダラとやれますが、結局入渠や疲労度の関係で数回出撃したらあとは旅行の方へ注力という感じでした。

通信周りのストレスについて

通信ですが上信越自動車道で上田〜長野を移動していて特に問題になるところはありませんでした。

キャッシュ周りはさすがに感じますが、むちゃくちゃ読み込みが長すぎるというところはあまり記憶に残っていません。

LTEを結構捕まえていてくれたのもありますし、キャッシュが結構あるのでその部分も快適度に関わってきたと思います。

Android版はやはりWindowsなどのブラウザからFlash版と比べて快適度はやはり落ちます。

使った通信料ですが100MBも行ってないので適当にデイリーのいくつかや遠征などでは頻度にもよりますが、そんなに気を使わなくてもいい程度だったみたいです。

それ以上に問題はやはりバッテリーの消費量です。

これは以前から思っていましたがかなり食います。

ゲーム全般や通信でかなり消費されることは一般的に知られていますが、Android版艦これも例外ではありません。

モバイルバッテリーは通信やゲームをやる人にとっては必須ということなんでしょう。

Moto G4 Plusで外でプレイした感想

Moto G4 Plusをこれだけ外に持ち出したりしたのは初めてだったのですが、やはり画面が大きく、指紋認証ロック解除の速さなどストレスがほとんどないのはさすがだと思いました。

5.5インチのファブレットサイズのスマートフォンに最近では慣れてきた、というかiPhone6が小さく感じます。

画面サイズは大きくなってもある程度の持ちやすさであれば慣れてしまうものなんだなあとしみじみ思いました。

ということで大画面のスマホはいいよ、ということと外出時にモバイルバッテリー買っておくといいよ、という話でした。

あと、短いLightning・MicroUSB充電ケーブルがあるとバックの中がスッキリして充電しやすいと思いました。

-レビュー
-,