Life is Enjoy

生活を楽しく

レビュー

Moto G4 PlusにAndroid7.0 Nougatが来た

2017/01/30

Th NougatがMoto G4 Plusに

突然ソフトアップデートが来ていた

1月27日の午前中、通院で待合室で暇を持て余してたら2chのスレッドでなんかMoto G4 PlusにAndroid7.0 Nougatのアップデートが来た!という書き込みが。

半信半疑で設定のソフトアップデートを見ると、あら、本当に来てますね。

診察が終わって午後に早速自宅に戻ってアップデートしました。

Androidのアップデートはアップデートデータのダウンロードとインストール、再起動後にインストールされているアプリの最適化という流れです。

自分はAndroidのOSアップデートでおかしくなった経験はないですが、必要ならばバックアップを取っておいてもいいと思います。

Android 7.0 Nougatの新機能

マルチウィンドウ

Th マルチウィンドウ

Android7.0 Nougatで一番大きくわかりやすい新機能です。

端末の画面を複数並べ置くことができるということで表示画面が大きい端末ほど恩恵が大きいと思います。

複数のアプリを立ち上げた後にナビゲーションバーのメニューボタンを長押しして選択する形です。

Huaweiの端末の一部ではAndroid 6.0でも似たような機能がありますが、Android7.0 Nougatの場合、アプリ側が大体対応してくれているので大体のアプリで可能となっています(Huawei端末の場合、メーカー純正以外大体NG)

データーセーバー

Th データーセーバー

消費電力を抑えるためにバックグランドデータを停止しWeb閲覧などのユーザーのネット利用のパケット量を最小限にする機能です。

WiFi利用時にはONの状態でもバックグラウンド通信を再開します。

また、ユーザーが特定のアプリを例外とすることもできます。

少ない容量プランの人にはうれしい機能だと思います。

通知領域のデザイン変更

Th 通知一覧

メッセージカードが目立つように変更されて見やすくなった印象です。

メッセージアプリなどはクイック編集などができるようになったりと利便性のアップを図っています。

また、通知メニューの各種設定のトグルが簡単に行えるようになったりと細かく仕様が変わっています。

システム設定

Th 設定画面

設定画面のデザインや利便性に大きくてが入りました。

データセーバーがONだったり通知オフの状態だったりなど、通知が画面上部に表示されてわかりやすくなっています。

Th 設定画面ショートカット

また、各種設定のトップへすぐに画面が移動できるようにサイドメニューでショートカットができるようにもなりました。

夜間モード

Android7.0 Nougatの隠し機能なので通常では使えない機能なのですが、夜間(ナイトシフト)モードが追加されています。

導入には手間ですが、このも0度を導入すると時間によってブルーカットオフの機能(ティント調節)が動作するなど、モダンなOSにはある機能がようやく追加された格好です。

表示サイズの変更

画面全体の表示サイズが変更ができるようになりました。

Th 表示サイズ

フォントサイズだけでなく全体的に表示を調節できるようになっています。

開発者向けオプション設定画面においてさらに細かいフォントサイズを指定することも可能です。

Moto G4 Plusに導入して

Th Moto G4 Plusの画面

アップデート後はそれほど大きな違いには気づきませんでした。

最初にやったことは指紋センサーでのロック

指紋認証センサーは今まではロック解除しか機能していませんし、それ以外のアクションを設定することができませんでした。

今回、画面ロックの設定において指紋センサーでロックをかけることができるようになったので早速行いました。

Th 指紋センサーによる画面ロック

どの指でもセンサーに押し当てていればロックできるので少し便利になっています。

今更開発者向けオプション設定を出す

Androidは本当に細かい設定ができる仕組みが多く、そのいくつかは隠し機能として提供されていたりします。

「開発者向けオプション」を表示するにはMoto G34 Plusでは「電話情報」画面でビルド番号の項目を7回ほど連打します。

メッセージでデベロッパーになった旨の表示が出てくるので、以後は設定メニューの中の開発者向けオプションが表示されます。

Android7.0 Nougatでは表示サイズを変更できますが、描画項目の最小幅でdpiを任意に指定することもできます。

Th 最小幅設定

あまり大きくすると文字など細かくなるのでほどほどに。

また、Android7.0 Nougatで追加された目玉機能のマルチウィンドウはアプリによってはサイズ固定を優先するため対応できないものもあります(例えばIngressなど)がアプリ項目の「アクティビティをサイズ変更可能にする」をONにするとどのようなアプリも大体マルチウィンドウとして表示することができます。

Th 全てのアプリでマルチウィンドウをする設定

夜間モードを導入する

通常、Android7.0 Nougatへアップデートしただけでは夜間モードを利用することはできません。

Moto G4 Plusにおいては隠しメニューのシステムUI調整ツールを呼び出すことができるのでそれを利用します。

「システムUI調整ツール」は通知メニューの設定ボタンを長押しすることで設定画面に項目が追加されます。

Th システムUI調整ツール

次にGoogle Playから「Night Mode Enabler」アプリをダウンロード、インストールします。

Th Night Mode Enabler

Night Mode Enabler
Developer: Mike Evans
Price: Free+

Night Mode Enableを起動して「ENABLE NIGHT MODE」タップしてシステムUIツール画面にいきます。

Th Night Mode設定

各オプションをONにして完了です。

Th 夜間モード設定

自分の時には通知領域に夜間モードのトグルオプションが出てました。

Th 夜間モードの通知領域表示

 感想

自分においてですがOSのアップデートはしばらくいじっていると、これが普通かという感じで順応するのでそれほど使いづらいなあというところはありません。

指紋センサーのロックはそれほど多用してませんが、主に夜間モードは今の所便利かなあと。

ほとんど慣れですが、マルチウィンドウはもう少し画面が大きいファブレットとしてのAndroid端末の方が使うのにも楽しいのかもしれません。

Moto G4 Plusは結構前にAndroid 7.0 Nougatへのアップデートをアナウンスしていたので年越しまでもつれるとは思いませんでした。

かといって早くOSアップデートをしたいというわけでもないので落ち着いて各種設定などをいじりながら新機能を試すなど、時間ができた時期だったのは幸いでした。

7.1.1のアップデートも今後あるのかもしれませんが、Moto G4 Plusはプリインストールが少なく、クセがないハード設計にもなっているのでそれほどトラブルないと思うので期待しています。

-レビュー
-