Life is Enjoy

生活を楽しく

レビュー

コスパがすごいAnkerのスティック型サイクロン式掃除機をレビュー

2016/06/22

Th Ankerスティック型掃除機

Anker家電参入

オイルディフューザーの記事でも触れたとおり、モバイルバッテリーやアクセサリーなどを中心とした販売を手がけるAnkerが家電に参入しました。

周りの家族、友人、知人に聞くとガジェットに興味がない人は全く知らないという反応をするに、まだまだ知名度はないので個人的には悲しくもあり、もっと広がって欲しいと願うところです。

今回、スティック型、それもサイクロン式で2in1の掃除機を1万円ちょいで発売ということで購入してみました。

社会人はじめの頃の10年以上前のもので掃除をしているとコードの問題や吸い込みのへたりなど、掃除をする気が起きなくなってきたのでいい機会だったと言えます。

簡単に本体レビュー

掃除機はそのまま自立できるのでちょっと手を離したいと思っても倒さずに済みます。

Th 折りたたんで自立

充電用のスタンドもあってそのまま立てかけるだけでいいのは便利ですね。

Th 充電状態

充電は4段階のインジケーターになっていて大体2時間ちょいでフル充電になります。

通常の利用だと20分ほどで電池が切れるのですが、1、2部屋程度ならばそれで十分かと思います。

ハンディクリーナー型として外すことができ、ブラシなどを取り付けることができます。

Th ハンディクリーナーとパーツ

ブラシはスタンドに置場があるので無くさないと思います。

Th 充電スタンド

スタンドに筐体を立てかけていると取り出せないのがネックという人もいますが、確かに若干手間かもしれません。

溜まったゴミはダストケースを取り外して捨てます。

3つのパーツ全部を水洗いできますが、フィルタだけはプラスティックでないので洗った後に完全に乾くまで干さないといけません。

Th ダストボックス部品

フィルタの先端のプラスティックは接着されているのかどうなのかわからないのですが、自分のところでは洗っていたら落ちました。

Th フィルタ

はめてそのままフィルタをダストケースに取り付けましたが、とりあえず問題なくゴミを取るので取れた場合はそのまま付けておいていいのかもしれません。

細かいところまで手が届いているし、十分にオススメの掃除機

サイクロン式は初めてでしたが、本当に吸い込みます。

従来のものですと吸引力が弱く、特に絨毯やカーペットの上のゴミは吸い込みませんでした。

高額なものなどとは使ったことがないので比較できませんが、この価格帯では多分十分な吸引力と思います。

モーターヘッド部もタイヤが付いていることでかなり楽に掃除ができますし、ライトもあるので床が暗くて見にくくても灯りでわかりやすくなっています。

上記のレビューにも書きましたが充電スタンドなどあれば便利というものが一通り備わっているので不満らしい不満は自分はほとんどありません。

設計上、ハンディクリーナーが重いので長時間の使用には向かないというところはありますが、これは仕方ないですし。

コードレスやサイクロン式に興味がある方には是非とも検討対象の一つにしてほしい掃除機だと思います。

-レビュー
-, , , , , ,