@nagasの路地裏

地方引きこもりミドルがまったりあがいている、そんな場所

レビュー

低価格でちょっとしたBGMに最適なスピーカー、Anker SoundCoreレビュー

2016/05/05

Th Anker SoundCore

Ankerのスピーカーといえば以前買ったプレミアムスピーカーがありますが、低価格のポータブルスピーカーも発売されています。

今回、レビューするのは実売4000円弱のSoundCoreの方です。

スペックなど

Th Anker SoundCore比較MINI JAMBOX

大きさ的にはJawbone MINI JAMBOXに近い横幅と若干の厚さがあります。

Th Anker SoundCore大きさ比較iPhone

感覚的にわかりやすさでiPhone6と比較すると、横幅が若干長い程度です。

レビューでよく取り上げられているのはブラックのモデルで、箱がけっこう高級感があるようになっているようですが、レッドモデルはいつものAnker包装です。

Th Anker SoundCore箱

他にもブルーモデルもあるようですが、こちらはどうなんでしょうね。

出力は3W x2ということでこのサイズにしては頑張っているものと思います。

使い勝手など

Ankerはプレミアムスピーカーのこともあり、個体差の問題がありそうな気もしましたが、値段も許せる程度だろうということで今回購入してみました。

実際使う場面としてはSurface3の外部出力程度なのでそれほど目立つ使い方にならないというところも選択理由になります。

実際に使った感想ですが、さすがにSurface3の内臓スピーカーと比べるべきではないレベルで、タブレットやPCの簡易スピーカーとしては最適だと感じました。

出力の性質的には低音の部分が抜けてしまい、重さが感じにくい、そんな音作りになっています。

BOSEなどの低音が好きな人にはイマイチ聴きごたえがないかと思います。

ちょっとしたBGMやSEなどで十分な人向けかという印象です。

幸いなことに特に今回は問題がないようなのでSurface3の簡易スピーカーとしてはコストパフォーマンスも含めて十分素晴らしいと思いました。

大きさ的にはJawboneのMINI JAMBOXと似てますが、低音部分は負けるもののステレオ感はさすがにこちらのほうがいいように感じました。

音に関しては統一して聞いているわけでもなく、かつ個人感想なのであくまで一個人の感覚としてみていただけると幸いです。

これは買いなのか

すでに述べているように、価格を考えて簡易スピーカーとして使うという場合、コストパフォーマンス的なところで見るとお買い得感がある製品と言っていいと思います。

低音の作りであれば同じAnkerでもプレミアムスピーカーの方がでています。

価格も極端に違わないので利用頻度、用途や曲の性質で選んでもいいと思います。

どちらにしろ、エントリーモデルなのでガッツリ聴きたいという場合はひとランク上を狙ってもいいと思います。

-レビュー
-, ,