Life is Enjoy

生活を楽しく

レビュー

人をダメにするソファ、俺がダメになった話

2016/05/25

ビーズソファ

作業場の座椅子が壊れた

自宅の作業場はローデスクを中心にMacBook Pro retinaやタブレットをアームで持ち上げています。

ほとんど、デスクトップPCで作業をすることもないのでローデスクをオットマン代わりに足を乗っけて作業をするという、非常に姿勢に悪いような形で仕事をしています。

今までは座椅子を使ってましたが、数年間酷使した結果、リクライニング機構が壊れて固定できなくなってしまいました。

次もリクライニングでいいかなあと思ったのですが、ふと手元にあったビーズクッションで作業をした結果、これでもいいんじゃないかなということでしばらくはビーズクッションを使ってました。

ただ、これも10年以上前のものを放置していたのでカバーが破れてきたのもあり、この際、しばらく前に話題になった人をダメにするソファを検討しようということになりました。

Amazonには類似もあるんです

ネタ元になっているのは無印良品の「体にフィットするソファ」ですが、カバー別売りで結構なお値段しています。

これに対してAmazon.co.jpでは似たようなビースソファが売られています。

こちらはビーズクッションとなっていますが大きさは結構な感じです。

たまにタイムセールもあるようで2割ほど安くなるようですが、なかなか狙って帰るものでもないかなあと思います。

無印良品のものと違うところの一つにカバー一体型になっています。

なので購入時にカラーを選択するような形になります。

実際に使ってみた。

カバーの布地がソフトとハードなところに分けられていて、座り心地を調整できるのは結構いいなあと感じました。

で、使ってみるとやはりダメになります。

ダメになった人

立ちたくないですね、このいい座り心地。

という以上に腹筋の力が弱く、片腕怪我していてタブレットが空中に邪魔に浮いている状態で一度座ったら立ちにくいんです、マジで。

これはいろんな意味で終わってます。

座り心地は調節次第で色々とできるのあh素晴らしいんですが、クッションに手をかけて起きるにはなかなか沈んで難しく、腹筋、鍛えないとなあと切に思いました。

運動、重要です。

-レビュー
-, ,