Life is Enjoy

生活を楽しく

Windows

Windows 10 Anniversary Updateの変更点

2016/07/18

Th Build Version Marked

8月2日にWindows 10の大型アップデート、Anniversary Updateが提供されます。

細かい改良点、変更点なども含めればかなりのボリュームになる今回のアップデート。

ユーザーの利用に影響しそうな幾つかの変更点をまとめてみました。

スタートメニューの表示改良

デスクトップモード

見た目で一番、変更がわかりやすいのがスタートメニュー。

今回のアップデートのスタートメニュー

全てのインストールされているアプリが見やすくなっています。

Th RS スタート画面

今までのスタートメニューはスタートメニューに表示していなかったアプリを表示するにはひと手間ありました。

Th TH2 スタートメニュー

タブレットモード

Th RS タブレットスタートメニュー

今までだと左側のサブメニューを開かないと操作しないといけない項目があったのですが今回のアップデートで画面にすっきり配置されています。

したが今までのスタートメニュー。

Th TH2 タブレットスタートメニュー

左からスワイプでメニューが出る形になっていました。

Th TH2 スタートメニューその2

ロック画面、画面周り

ロック画面でCortanaが使えたりしますが、ウィンドウのテーマでダークテーマが浸かるようになったのが特徴ですね。

Th ダークテーマ

Edgeの拡張機能、UI改良

Edgeは徐々に良くなってきていますが、今回のアップデートでそこそこ使える感じになたと思います。

UI部分ではタブにサムネイルが出たりと細かいところが改良されています。

Th Edge サムネイル

一番大きな改良点では以前から実装される言われていた、拡張機能が今回追加されました。

拡張機能はストアアプリからダウンロードして機能をオンにすることで利用することができます。

Th Edge 拡張機能

Bashの利用可能

Th bash

開発者が今回のアップデートで注目しているBashの実装。

まだ、ベータ版なのでWindows機能の追加でインストールします。

Th Bashインストール

本体はストアからダウンロードをするようになっていて使えるようになるには手間と時間が若干かかります。

Windows Inkの追加

ペン機能の充実ということで今回使いされたのがWindows Inkです。

付箋やスケッチなどをペンで操作が可能になっています。

Th Windows Ink

定規なども使えたりとペンデバイスを利用できるPCだと利便性が上がると思います。

Th Windows Ink Workspace

 

そろそろWindows10も無料アップグレード終わるようですが、どれだけ購入層が増えるのかしら。

-Windows
-, ,