@nagasの路地裏

地方引きこもりミドルがまったりあがいている、そんな場所

レビュー

iOS11のiPadで利用できる「ドラッグ&ドロップ」についてファイルアプリから使ってみる

Th iOS11のドラッグ ドロップ

iOS11の機能のうちiPadでできる新機能の一つが「ドラッグ&ドロップ」です。

複数のアプリを並べて表示、操作できるSplit Viewやアプリ画面上に別アプリを表示させるSlide Overなどでアプリを二つ表示しているときにファイルやリンクをドラッグ&ドロップして添付などできるという、非常にPCライクな機能です。

デモなどではメールソフトへのリンクや画像の添付などに使われていました。

iOS11からはファイルを扱うのに便利になった「ファイル」という以前はiCloud Driveとかだったものが進化して登場しています。

メールやメッセージで使えるのは便利ですが、自分はそこまで利用する機会がないのでブロガー的なものとして画像などをエディタに貼って見るとどうなるかを調べてみました。

エディタ系アプリにドラッグ&ドロップを

今回エディタ系のアプリを起動後にSLide Over(もしくはSplit View)でファイルアプリを追加起動しました。

iOS11アップデート時には「ファイル」アプリがFinderなどのようにファイルを扱うようになっているのはiCloud Driveと本体内蔵ストレージだけです。

Th Dropbox連携

先日、Dropboxアプリがアップデートされ、iCloud Drive同様にファイルを扱えるようになりました。

使用感は今の所同じなのでクラウドストレージアプリのアップデート対応があればいくつかのクラウドストレージにアクセスすることができるのかもしれません。

メモ

Th メモ

標準に用意されているメモアプリはiOS11でも機能が拡張されて使いやすくなっています。

このメモアプリに対してドラッグ&ドロップをしてみます。

画像はそのまま貼ることができました。

Apple Pencilを使えば色々と手書きを追加できるのでこれはこれで便利かもしれません。

ちょっとしたテキストデータを共有するには便利なアプリと思います。

テキストファイルをそのままドラッグ&ドロップすると書かれているテキストデータがそのままペーストされます。

ただし、日本語は文字化けが起こっているので文字コードに関して注意を払えばいいのか、運用的には難しいものかもしれません。

今回使ったエディタアプリでは一番優秀でした。

今後同様のものが増えればいいのですが。

Pages

Th Pages

文書作成ツールは自分は苦手なのであまり詳しくは書けないのですが。

まず、画像に関してはメモアプリ同様に御ラッグ&ドロップできます。

メモアプリもですが画像フォーマットによってはうまくいかないものもあるのでファイルアプリでプレビューできないものは利用できないと思った方がいいです。

テキストファイルも基本は同じ仕様のようなので特にWindowsで作ったファイルなどはうまくいかない可能性もあると考えられます。

Pagesはレイアウト機能が充実しているので今まで以上に編集作業が楽になるのではと感じました。

Pages
カテゴリ: 仕事効率化
現在の価格: 無料

その他サードパーティ製

まずテキストしか対応していないDraftsやiA Writer、Textwellはテキスト子ドラッグ&ドロップはできます。

iA Writer
カテゴリ: 仕事効率化
現在の価格: ¥600
Textwell
カテゴリ: 仕事効率化
現在の価格: ¥360

Twitterなども下書きファイルなどをドラッグ&ドロップは可能です。

Twitter
カテゴリ: ニュース
現在の価格: 無料

Twitterアプリはテキストのみですが、Tweetbotなんかは画像ファイルをドラッグ&ドロップできました。

Tweetbot 4 for Twitter
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
現在の価格: ¥1,200

ブロガー視点では画像も含めて扱えるエディタはどうかというところですがBearはMarkdownのタグ実装になるのでそういう仕様でいくのかわかりかねる部分です。

Bear - 美麗なノート作成・テキストエディタアプリ
カテゴリ: 仕事効率化
現在の価格: 無料

Macなどでは画像をそのまま表示していたのでもしかしたら扱えるようにはなるかもしれません。

Th Bear

Ulyssesに至ってはそもそも画像サポートされてないのか以前にドラッグ&ドロップ未対応でした。

Ulysses
カテゴリ: 仕事効率化
現在の価格: 無料

雑感

テキストファイルのドラッグ&ドロップ自体は使える場面がないとも言えませんが、テキストエディタを利用する場合、すでにiCloudで同期していることや複数のエディタアプリでテキストを扱い回すことはあまりないので利用は限定的と感じました。

逆にPagesやメモアプリなどはライティング環境としてはTextExpandなど未対応なのでスニペットが好きな人などには向かないため、最終的な文書レイアウトや画像統合ファイルを作るのに向いていると思います。

PC的に文書の編集ができるようになったのは結構嬉しいところです。

メッセージアプリなどでも画像ファイルのやりとりは便利になったとは思いますのでやれる幅が格段に広がった印象です。

クラウドストレージ大手のアプリは早い時期にファイルアプリ対応してもらいたいと思います。

-レビュー
-,