@nagasの路地裏

地方引きこもりミドルがまったりあがいている、そんな場所

レビュー

Fire Stick TVを買ったのでApple TVのアプリと比較してみた

Fire STick TV、第1世代を使っていたのですが使えるレベルとしてはSpotifyを鳴らすようなスピーカーレベルで動画をみようとすると止まることが多々あるため実用に耐えないなあと放置していました。

第2世代になったということ走っていましたが、よく調べると体感2倍程度の性能向上ということがわかったので買い換えてみました。

速度的には実用レベルでTV用のデジタル機器としては現在のレベルでは標準レベルだと思います。

第1世代、使えなさすぎた…

Fire Stick TVをApple TVと比較してみる

Apple TVは前の世代のものですが、4k表示を考えなければ十分な性能と思っています。

リモコンの違い

Fire Stick TVも音声検索が付いているのでリモコンの操作はだいたい同じな感じですがいちばんの問題はボリュームの有無ですね。

Apple TVはリモコンで音量制御できるのに対してFire Stick TVはBluetoothスピーカー側でボリューム調整しないといけないのは煩わしいです。

自分的には曲のスキップ巻き戻しのボタンはあまり使わないものなんですが、どうなんでしょうかね。

Fire Stick TVはAndroid端末設計になっているのでメニューボタンなどがそれなのはまあ、仕方ないところですか。

その他

スリープの実装が違いますね。

Apple TVがスリープするとモニター信号が止まりますがFire Stick TVは画面がブラックアウトするだけで信号は止まってないようです。

細かいところですが自分的にはちょっと気になりました。

Apple TVとFire Stick TVの動画配信サービスアプリをみてみる

Apple TVもFire Stick TVもサードパーティの動画配信サービスはだいたいアプリとして提供されています。

せっかく両方あるのでどの程度のUIの違いがあるのかなあと調べてみました。

Netflix

ほとんど同じですね。

自分の環境だけかもしれませんがFire STick TV、視聴者選択場面で音がなるのがなんか設計ミスな気もしました。

Apple TVはホーム画面でフォーカスしてあると視聴履歴の動画にアクセスしやすいこともあるんで離席後に視聴を再開するのに便利だなあと思いました。

Amazonプライムビデオ

Apple TVに最近追加されたアプリで大手IT企業のサービスが他社に提供される珍しい例の一つかなと。

Fire Stick TVはサービスがそのままOSにbuilt-Inされているのでホーム画面からの視聴再開は便利だと思います。

アプリ的にはFire Stick TVはウォッチリストアクセスが微妙な気もしますが、大量にリストを突っ込んであればメニューから選ぶかどうか程度で見つけにくさは同程度ですね。

どの動画配信サービスのアプリに言えるところはリスト化された番組からみたいものを探しにくいというところ。

検索しろということなんでしょうね。

Hulu

まったくUIが同じレベルになっていると思います。

OSの設計部分で表示する情報量に違いがあるくらい。

dTV

メニューの位置が違うといいうか、Fire Stick TVの場合、メニューが縦横にあるという珍しい設計ですね。

タブレットの設計に近いように作られていると思います。

Apple TVの場合、メニューボタンでのメニュー表示とメニューが隠れた状態でタブ移動という形になってますね。

ニコニコ動画

ニコニコ動画アプリは見た目がかなり違う印象を受けるアプリです。

Apple TVがニコニコ動画がオススメする動画を見るくらいのものになってますがFire Stick TVはマイページ使えたりと大体の機能が使える感じになっている印象です。

どちらの端末で見てもプレミアム会員でないと画質が落とされます。

今、立て直しをしようとしているニコニコ動画でけっこうニコニコ離れも進んでいると聞くのでそれによってサービス全体の利便性が上がればオススメできるものになるかもしれません。

なので現状、まあ、大画面ディスプレイでとりあえずみれる程度と思っていてもいいような気もします。



テレビ東京ビジネスオンデマンド

特にビジネスユースなので利用者は限定される動画サービスですが加入しているので紹介。

こちらはApple TVが画面上部に横のメニュー、Fire Stick TVは左端にメニューとおもいっきりデザインを変えてますね。

できることはほとんど変わらないので使用感は変わらないと思います。

Apple TVとFire Stick TVの使用感の差は

紹介してきた通りにApple TVとFire Stick TVで利用できるサービスはだいたい似ていて細かいデザインの違い程度になっていることからどちらを選んでもほぼ同じ体験を得られると思います。

音楽分野ではApple MuiscとSpotify/Amazon プライムミュージックと住み分けはできているんですが。

どちらか一方で言うのであればApple寄りのデバイスを多く持っているか、Amazonよりのサービスが好きかどうかで決めてもいいとは思います。

あと、Apple TVはAirPlayでiOSデバイスをキャストできたり、Macの外部モニタとして利用できると言う要素もありますね。

蛇足のdアニメストアの感想

Fire Stick TVのみでアプリが提供されているdアニメストア。

これも実はFire Stick TVの購入理由の一つではありました。

アプリは最低限の設計でマイページも簡素的になってます。

マイリストも複数作っていても対応してなかったりと使い買ってはそこまでいいと言うわけでもない気もします。

動画配信サービスのアプリ全体に言えますが正直どのタイトルがあるのかとか自分が気に入っているものの管理とかがしづらいものばかりな気もします。

こういうところ、どうにかならんものかなあ。

-レビュー
-, , , , , ,