@nagasの路地裏

地方引きこもりミドルがまったりあがいている、そんな場所

レビュー

ミドルレンジ高コストパフォーマンスのタブレットHuawei Mediapad M3レビュー

2017/02/26

Th Mediapad M3の箱

固定的に補助作業ビュアーのタブレットとしてXperia Z4 Tableを使ってきました。

意外にSONYはXperiaにAndroidアップデートをしてくれるのでAndroidバージョンに関しては割と安心感はありました。

ただ、なんというかプリンストールSony製アプリが如何せん自分の肌に合わない、通知などきれなかったりで別機種にしたいなあと。

スペック的にXperia Z4 Tabletは当時高スペックにカテゴライズされるものでしたが、現在このカテゴリにAndroidタブレットはほぼない状態になっています。

自分が使うのにも動画視聴が中心なのでそこそこの性能でいいというスペック要求になります。

Nexusブランド終了という流れもあって昨年の国内流通しているAndroidとしてはASUSとHuaweiあたりに注目していました。

ASUSのZenPad3 8.0(Z580CA)も悪くない感じでスペック的にも悪くなかったのですが4:3はiPad miniで間に合っていることやAndroidのKindleアプリのUIが馴染まないのでスルーしました。

同時期に発表されたHuawei Mediapad M3は国内発売が未定だったのでもしでたらこれかなあと待っていましたが、ようやく年末発売されたので購入しました。

筐体の出来は次第点だけど

外見的には8.4インチと言われていますが筐体はFire HD8とほぼ同じにですね。

Th Mediapad M3とFire HD8比較

ベゼルが狭いのでコンパクトにまとまっていますね。

指紋認証は高い認識率で使えますね。

タブレットをアームで固定する場合に問題となったのはスリープオンオフボタンですね。

Th 側面ボタン類

このようなボタン配置は多分モバイル的に使うことを想定されていて、ファブレットより大きいという位置付けなんでしょうね。

アルミ設計なので一般的な高級感にはなってますが、アンテナラインはやっぱり微妙だったなあと思います。

Th 背面アンテナラインとか

スマホUIの残念さ以外は満足の使用感

セットアップは普通のAndroidのように言語やGoogleアカウントを登録して完了します。

初回時にセットアップするとなぜか今まで購入したアプリを全てダウンロードし始めるという現象にあたりました。

そういう人も見かけたので多分そういう仕様なのかなと。

SoCがKirinですが最近のKirinはそこまで癖が強くなく、3Dゲームを動かすといったことでもない限り、アプリの互換性問題は出ないようです。

Kirin950はXperia Z4 TabletのSoCであるSnapdragon 810に対してCPUベンチ的にはかなり高いので処理的にはもたつくことはほとんどありません。

反面、消費電力を考慮した設計のためか3D性能は極端に低いのが特徴です。

今回の自分の使い道において3D性能は求めていないので大抵の動画アプリが動くので次第点だと思います。

DTCP-IP周りもちゃんと動きましたし。

Mediapad M3のソフト面で賛否両論なのはスマートフォンUIでしょう。

Th スマホUIの例

ファブレットの延長ということでの設計方向なのでタブレットUIではないのはわかりますが、Xperia Z4 Tabletに慣れていると違和感というか使いにくさが目立ちます。

自分の場合、You tubeアプリがそういう感じでしたが、その点はちょっと残念に感じました。

HuaweiのインターフェースEMUIは癖はある

HuaweiのAndroidチューニングUIであるEMUIですが、iPhoneのようなすっきりとしたのが特徴です。

Th EMUI画面

iPhoneユーザーならば使いやすいのかもしれませんが、素のAndroidなどが好きな自分にはちょっと向かなかったので即時Nova Louncherに変えました。

ホームアプリの変更など設定アプリも結構いじってあるので癖があって結構戸惑いました。

ナビゲーションメニューが初期には非表示であるのも最初戸惑いました。

指紋認証でも触れましたが、指紋認証ボタンにナビゲーションメニューのジェスチャーを割り当てられるので慣れるとそこそこ便利な反面、一般的なAndroid端末に慣れていると色々と戸惑います。

Th ジェスチャー設定

その他気になるところとか感想など

音がいいという話ですが、まあ、安いBluetoothスピーカーを使う必要はないかもなあという程度にはそこそこかなと。

重さや持ちやすさなどはアームスタンドで固定しているのでよくわかりません。

Xperia Z4 Tbaletだとメモリー周りでアプリが反応しなくなったこともありましたが今のところそういう現象はなかったと思います。

指紋認証は物理ボタンではないですが、ある程度押し込まないと認識しない感じです。

指紋を押し付ける方向は縦横関係なくどちらも反応してくれます。

きてからそれほど使い込んでないのでやはり通知周りは癖がありそうでよくわかりません。

通知センター周りとかも2タブで表示されたりと癖は結構あると感じました。

EMUIの独自仕様は慣れなところもありますが、プリインストールアプリは今の所自己主張しないような感じなので格段不便さは出ません。

最初のHuawei製Android端末なのでまあ、Huaweiもありかなあとは思いました。

値段的に3〜4万円台で手軽に手が出る価格ということもあるのでオススメできるタブレット端末だと思います。

-レビュー
-, ,