@nagasの路地裏

地方引きこもりミドルがまったりあがいている、そんな場所

レビュー

PC版引退者も惹かれたリネージュ2レボリューション

過去といまのゲームとの関わり方抜粋

自分とリネージュ2

リネージュ2は2004年のオープンベータログインゲームから。

MMORPG廃人全盛時代でのローンチだったのでこのタイトルあたりまでがかなり過熱感あった気も。(個人の感想です)

初期はソロでクリックぽちぽち的だったのが戦争血盟に入ったあたりから廃人コース的に。

仕事の環境などもあって2009年あたりに引退、かなあ。

北米版に行ったりタブレットの動作確認とかしたりしたけどアカウント放置している感じ。

FFXIも含めるとそれなりにMMORPGはやってたんだなあと。

社会人時代のほぼ半分費やしてると思うとなんかまあ時間をよく作っていたなあ。

自分とスマホゲーム

ぽちぽちと「ゴシックは魔法乙女」、最近はFGOも。

たまにやりこむ時期もあるかもしれませんがほとんどログインボーナスやデイリー消化ですませてます。

それでも結構時間取られるんですよね、この手のゲーム。

息抜きなので必要なければ起動して終わりって感じ。

所詮隙間時間の息抜き。

モバイル版のリネージュ2、リネージュ2レボリューション

リネージュ2のIPを用いたモバイルゲームとして発表されたものが「リネージュ2レボリューション」です。

NC Softではなく、別の開発、運営会社のものでリネージュ2のIPを利用しているものは他にもあるようです。

リネージュ2レボリューションはスマートフォン向けに設計されていてPC版のもののような3Dではなくクォータービュー形式になっています。

美しいグラフィックとバッテリー消費

このゲームのグラフィックはかなり良くできていると思います。

PCのリネージュ2の雰囲気をクォータービューで再現できていますし、オープンワールドに近い感じもできています。

おかげで設定を最高レベルにするとすごい勢いでバッテリー消費され、iPhoneはかなり熱くなります。

ネットワークがどれだけデータ量を消費するのかはわかりませんが、現在、自分は設定を高く上げてほぼデスクトップと同様な遊び方になっています。

ということで携帯型据え置き機的なゲームプレイになっている話です。

数々のデイリー消化作業

そもそも原作のリネージュ2の主なコンテンツはLv上げの狩りとPvPです。

リネージュ2レボリューションもそれは踏襲していて基本Lv上げの作業になります。

そこで飽きさせないように今風のスマホゲームっぽくデイリーで達成可能な目標が設定されています。

デイリーログインやフレンドとの挨拶交換、曜日ダンジョンや様々なダンジョンでのミッション達成などです。

ガチャやデイリー・ウィークリークエストなどをこなせば数時間は時間が勝手にすぎてくれると思います。

PvPや原作同様のアイテムなど

装備は原作をプレイしているとニヤリとするようなものになっています。

Mob(モンスター)も原作のものが多数出てくるので世界観が継承されていて引退者には懐かしさでちょこっと感動します。

原作のグレード設定がそのままレア設定にはなっているわけでもないですし、原作の金策に走らないと無理なアイテムのようなものにもなってないのは救いです。

リネージュ2、マゾゲーだったものなあ…

ちょこちょこログインするような遊び方だと課金アイテム関係の広告が素晴らしいほど出ますね。

そこはまあ、そういうゲームということで。

PvPコンテンツもソロで遊んでいても決闘場で他のプレイヤーのデータと対決するみたいなこともあるんでそれっぽく感じます。

PKなどの赤ネームもPK可能なエリアでたまに出てくるのでリネージュ2らしさは健在です。

とはいえ、リネージュ2の殺伐さはクローズドなエリアでそこまでプレイヤーと交流することもないため、あまり感じません。

ポチポチゲーが基本オートで戦闘なゲームに

リネージュ2は当時よくある韓国製のMMORPGのデザインのマウスクリック、ポチポチゲーでしたが、リネージュ2レボリューションはスマホMMORPGのよくあるオートクエスト消化ゲームの形態を取っています。

クエストやダンジョンに入って自動的に戦闘をさせて放置させておいてもいい場面が結構多いので自宅で作業をしている傍に放置気味にプレイできるのは自分的に評価するところではあります。

序盤はそれだけで済むのですがある程度進むとマニュアルな部分がどうしても必要なところもあるので自分の手が入る感じはそれなりにありますね。

なので作業の合間の息抜き的に使えるゲーム、かつ自分にとっての懐かしゲー風味で今の所そこそこ楽しいものです。

オートで戦闘しているのは全プレイヤー共通なのでダンジョンなど、リネージュ2でプレイヤーたちの悪評を買っていたRMT業者用と思われるBOTの動きそのものになるのはなんというか苦笑いするしかないのも遠い思い出です。

懐かしさ総括

総括というわけでもないですが、放置ゲーとしては割と評価しています。

ソーシャル要素がなくても遊べるのは自分の特性もあるのかもしれません。

バッテリー消費などが激しいゲームなので万人向けとはいえませんがスマホのMMORPGとはどんな感じかと試すにはそこそこいいゲームと思います。

とはいえ序盤だけだとオートで進むこともあったり、チュートリアル的なものがうざかったりするので長く遊ぶ人はどれだけかなあという感じはします。

CMも結構お金かけているようなので今年のそこそこ大きなタイトルではあるのでしばらくはユーザーは離れないかなとは感じました。

リネージュ2 レボリューション
カテゴリ: ゲーム
現在の価格: 無料

-レビュー
-,