Life is Enjoy

生活を楽しく

レビュー

身につけている感覚がないほどかさばらないベルトポーチ、SPIBELT(スパイベルト)はオススメの品

2017/01/31

Th SPIBELT

外出時のスマホの持ち運び問題

スマートフォンがだんだん大型化していきますが、自分の好みも大型のものを好む傾向になってきました。

そのスマートフォンですが通話・メール中心のケータイ、ガラケーからかなり大きくなっていってるため、外出時などにどうやって持ち運ぶかライフスタイルで結構変わってくると思います。

スマホの持ち運びは「シャツやズボンのポケット」「首に下げる」「ウェストポーチ」「ベルトに下げる」「バッグその他」あたりになると思います。

Th ポーチとかその他諸々

自分もネックストラップでポーチをiPhone3GSの頃から下げていました。

大型化されるとポケットやこのようなネックストラップなどは難しくなることが多いので手軽に片手で扱える大きさのスマホにする人もいると思います。

自分的には取り回しが便利なウェストポーチがいいと思い、最近はこのタイプになります。

2/3Wayとして肩からかけたりハンドバッグのように使ったりできるものも多いと思います。

とはいえ、かさばるのはちょっとという人も多いと思います。

毎日つけていても空気みたいに気にしないSPIBELTのすごさ

今回紹介する「SPIBELT」、こういうキワモノは例によって高城剛の著書の紹介で知ったものになりますが、1週間ほど使ってみて、これは日常的に使うのにもそれほど差し障りなく使えるのではと結構プッシュしたいベルトタイプポーチです。

見た目、本当にただのベルトです。

Th SPIBELT装着

物を入れる部分がベルトと同じサイズであまり気になりません。

物を入れるポーチ部分ですが、かなり伸縮性がよくiPhone7 Plusがちょうど入る大きさまでになります。

Th iPhone7PlusをSPIBELTに入れてみた

ポーチ的に重さや形でかさばるようなことがないので日常においても腰に巻いておいても全然問題ないですね。

難点は伸縮性がいいポーチ部。

その性質上、やはり収納したものを出すのはそれほど得意とは思えません。

iPhone7 Plusしか入れてないですが、これ以上のものはあまり入らないですし、複数の物を入れると出すのに大変かもしれません。

財布や鍵、スマホなどを日常身につけておくための便利なベルトとして使うというのがやはり一番適しているんじゃないかなあと思います。

SPIBELT、自分はiPhone7nPlusを入れるのでラージを買いましたが内容量でベーシック、また肩から下げたり2Wayとして使えるメッセンジャーなど利用シーンや入れるものなどで選ぶといいと思います。

価格はベーシック・ラージが3000円程度なのですが、この伸縮性と製品品質を考えると妥当、もしくはお買い得と思います。

自分は非常に満足したので価格的に安かったという印象を持ちました。

是非ともスマホをどうやって持っていくかなあと思う時の選択肢として考えてもらえればと思います。

-レビュー
-