@nagasの路地裏

地方引きこもりミドルがまったりあがいている、そんな場所

レビュー

タッチペンがマイブームになったので語ってみる

Th タッチペン

タブレットの操作に関しては指を使ったタッチ操作で普通に使う上では問題がほとんどありません。

実際、Surface3を使っていてSurface Penを使って便利だなあと思うことはほとんどなく、タッチペン操作は手書きやお絵描きなどの補助的なデバイスという認識だと思います。

そんな自分がここ数日でタッチペンラブ!みたいな感じになってしまいました。 ちょっとそこらへんの話をしてみたいと思います。

指紋がすごく目立つFire HD8の対策

Th Fir HD8

AmazonプライムビデオのHD再生は自分の環境的にiPad Proではストリーミングが安定しないのでFire HD8でHD再生するような動画は見てます。

すると今まで気にしなかった指紋の跡がすごく目立つんですよ。

もう、それはくっきり。

格安タブレットの部類なのでその辺のコーディングもiPadなどと比べて品質が高くないのかとは思います。

指紋がつかないような液晶フィルムを買うのも対応策としてはアリかと思いましたが、むしろ指で操作しないほうがいいんじゃないのかなと思いつきました。

以前に買ってころがらしてある100円ショップセリアのタッチペンをまずは使ってみようと。

Th セリア100円タッチペン

タッチペンで文字を書くというのであればペン先が太いものは向かないと思います。

100円ショップなどや格安なものはだいたいこういう形状の静電容量式タッチペンです。

ですが指によるタッチ操作の代わりというのであれば別にペン先が細い必要はありません。

結果としては指紋も液晶面のガラスにつかなくなりかなりいい感じです。

タブレットを手に持たずにアームやスタンドを使っている自分の環境限定かもしれませんが指を伸ばすよりもタッチペンのちょっとした長さや指しやすさが非常に便利に感じました。

Apple Pencilを使ってみる

Th Apple Pencil

Apple Pencilもタッチペンがマイブームになったので購入してみました。 …意外と高いので結構躊躇していたんですが。

Th Apple Pencilペアリング

ペアリングがLightning接続というのがなかなか面白いですね。

特にお絵かきをしているわけではないので今のところその部分は使用感は試していません。

純正メモアプリやMetaMoji Noteを使った感じ、あまり筆圧に関しては感じませんでした。

Penultimateだと結構はっきり感じます。

アプリと使い方によるところなので必要に応じて今後色々と使ってみたいと思います。

MetaMoJi Note - 手書きノート&PDF+録音 カテゴリ: 仕事効率化 現在の価格: ¥960
Penultimate
カテゴリ: 仕事効率化
現在の価格: 無料

Apple PencilのiPad Proでの操作感ですがペン先が細いので指などの広さと比べるとピンポイントすぎる違和感があります。

また、ガラス面を操作するためどうしてもペン先の感触が硬くペンを走らせる感触の違和感が付きまといます。

手書きで走らせる時に比べて集中して操作を行う状況でないこともあり、この違和感が結構微妙な感じに覚えます。

Surface Penは動かなくなってました

Th Surface Pen

比較して使ってみるかと思ったのですが、電池切れです。

Sureface Penの電池関係は特殊で単6乾電池1本と319型ボタン電池2つが必要になります。

Th Surface Penので乾電池交換部分など

一般の店ではなかなか入手しにくいものなので100円ショップでホイというようにはいきません。

Amazonあたりで両方買うと1000円程度ということでそこまで必要性もないこともあって今回は見送りました。

単4程度か充電式的なものでないのは流石に扱いが面倒です。

1、2年での電池消費と考えると性能差と必要性を考えると割高感を自分は感じました。

安価でタッチペン入門向きのAdonit Jot Pro 2.0

Th Adonit Jot Pro 2

iPhoneで手軽にメモとるのにどうなのかなということでチョイス。

Adonitはタッチペンメーカーとしては結構有名っぽいようでよく目にします。

Th Jot Proのディスク部

Jot Proシリーズは手軽な値段と細いペン先に円形の透明なディスクが特徴のタッチペンです。

このディスクの中心に反応する部分があるようです。

書く時にディスクが邪魔になるのかなあとも思いましたが、これがガラス面に固定されるように補助してくれるので思ったよりぶれないで文字が書けます。

文字を書くのにJot Proは適してますが、スマホの画面遷移などやドラッグ操作には適していません。

特にドラッグ操作はほぼできませんでした。

Th Jot Proのキャップ部分

このタッチペンはキャップ部分をペンの端に取り付けられるので手書きメモを外出先で行う場合などにはお薦めできます。

最近のセリア100円タッチペンなどなど

Th セリアのタッチペン各種

右にあるペンが2年ほど前から売っていた(今は売ってるかは未確認)のタッチペン。

思った以上に使えるとわかって大活躍、なんだけどペン先のゴムは劣化していってペン先をガラス面に押すときの感触が弱くなってしまったので交換品を考えるように。

なめらかタッチペン

Th セリアなめらかタッチペン

先端を導電性繊維を用いた使いやすいペンという触れ込み。

使ってみると普通の静電様式のペン先と違い、ガラス面をなめらかに滑る感じで気持ちの良さが圧倒的に違います。

Th 導電性繊維部分

普通のペンのゴム的な引っかかりがないのでこの滑る操作感は100円レベルとしては素晴らしいとただただ感動するものです。

簡単なメモやスマホ、タブレット操作ということだけに限ればこれで十分です。

持ちやすいフォルムアルミタッチペン。

Th アルミタッチペン

アルミ製で重さを感じるゴム先のタッチペン。

ペン先は一般的な大きさで補足は当然ない普通のものですが、ペンの形状が特殊で一般的な安価なタッチペンの軽いペンよりかなり重く感じます。

その重さのおかげでゴムの引っかかりのレスポンスを認識する感じで操作感は意外と使えるなあと感じるくらいにはいいように感じました。

まさに重さの点が他のタッチペンと違うので軽い安価なペンで飽きた人向けと思います。

タッチペンは意外と奥が深いのかも

タッチペンの良さは手書きと指紋がつかないところかなと思っています。

自分は手書きはどれだけ使う場面があるかというレベルですが、画像などの注釈とか装飾とかが捗りそうなので今後チャレンジしてみたいとも思います。

主にiOS関係で使う場面を想定していますが、ペン先のサイズなど違うものを使ってみたいと思います。

有名なSu-Penや最近発売されたAdonitのDash3などは懐が許せば購入してみたいなあと思います。

初心者の方には是非とも100円ショップのタッチペンを使ってみることをお薦めしたいと思います。

使ってみて便利と感じれば自分と同じようにいくつか手を出してみるといいのではないでしょうか。

最後にタッチペン使っていてiOSよりもAndroid端末の方が様々な操作がしやすいなあと思ったところはホームボタン、ナビゲーションバー関係。

iOSだとどうしても物理的にホームボタン操作を行わざるを得ないので(アクセサビリティーの設定でどうにかなるけど)その点は不便だったなあと。

iOS11でiPad Proが操作感を変えてきているようなので今後に期待したいと思います。

-レビュー
-, , , ,