@nagasの路地裏

地方引きこもりミドルがまったりあがいている、そんな場所

レビュー

Apple Watchの防水機能、ちょっとした水回りの仕事に便利!

Th Apple Watch 防水モード

Apple Watchの新モデルApple Watch Series2ですが、目玉の新機能の一つに防水機能があります。

自分の場合、水泳もするわけでもなく、特に気にしていなかったのですが浴室の掃除をしていた時に自動的に防水モードに入ってびっくりしました。

これは実は自分の生活でも意外に役立つ機能ではないのかと思い、色々とメモ的に調べたことを紹介したいと思います。

防水モードに入る

防水モードといても基本、真水に浸かった状態を想定しているので海水や水圧が著しく深いところ、温水や高温の場所は使えません。

なのでプールでスイミングのワークアウトをするといったことや雨など水滴がかかる程度などでApple Watchをはめていても問題ないですが、前述のような状態では外して作業を行う必要があります。

Th アクションセンターに防水モード

ワークアウトでスイミングなどを選択するとこの防水モードに入りますが、画面を下からスワイプして呼び出すアクションメニューからもモードに入ることができます。

スピーカーなどに水滴を感知すると防水モードに入るようですが、これは未確認です。

Th 防水モード表示

防水モードに入ると画面上部に水滴マークがつきます。

また、防水モードになるとモード解除以外の操作はできなくなりますが通知も受け取れますし、音も基本鳴るようです。

防水モードを解除する

防水モード中は前述のように一切の操作を受け付けなくなります。

解除するにはデジタルクラウンを回して行います。

Th 防水モード解除

回し方はわりとゆっくり目に回していく感じで、早く回すと解除にはなりません。

画面の水滴の大きさを徐々に大きくしていくようなイメージでやればできると思います。

解除すると警告音的な音が割と大きく出ます。

水がスピーカーに入っていると音で中の水を外に排出するようです。

水回り作業でも安心のApple Watch

自分の場合、水回り(浴室や台所)での作業はゴム手袋をつけて作業するのでそれほど水に浸されるという状況にはなりません。

ですが、最初に述べたように水滴が入ることはままあります。

Apple Watchが防水に対応したので風呂掃除などの環境下での運動量も測れることになったのは結構嬉しいですね。

毎回、作業に入る前にApple Watchを外して、終わったらはめ直すというのは正直面倒でした。

なお、防水になったのは当然本体だけです。

バンドによっては水に対して弱いものなどもあるのでそこは考慮したほうがいいと思います。

個人的にはApple純正のスポーツバンドがオススメです。

結構フィットして運動などには汗で滑りすぎるということもないので便利ですよ。

 

 

※ 購入した時の記事を書きました。

-レビュー
-