Life is Enjoy

生活を楽しく

コラム トラブル

ソフトバンク光を実際入れてみてトラブったところなど

光ファイバー

光コラボを選んだ理由

光回線は入れるかどうか悩むところでした。
自宅はケーブルテレビで実際、そこまで厳しい気がしてなかったので価格見ながらどうしようかなと。
結構古屋なので工事とかも面倒だったり、家族もネットを利用してるほどでもないので積極的に入れる必要性がなかったわけです。

で、LTEが自宅でも入るあたりから、速度がなんとも。
ケーブルテレビのスタンダードの速度は下りで30Mbps、実測だと10Mbps行くかどうかみたいな状態。
固定回線よりも無線が速い、という状態はさすがにと思いました。
上りは、まあ、もう考えたくない速度です。

家族でSoftbankをキャリア利用していることから、スマート値引きもあればまあいいなあということでソフトバンク光を申し込んでみました。

導入、開通、トラブル

まず、最初に結論だけ書いておきます。
BBユニットを使うの出ればそれなりに癖があるので自力対応をしないでサポートでという人には向きません。
プロバイダとしては他にもあるのでスマート値引き含めて値段とサポートでここを選ぶ必要性はほとんどないと言えます。

さて、導入ですが携帯利用者かどうかはサポート側ではさほど対応してないのでスマート値引きはソフトバンクへ、対応はYahoo!BBへみたいな感じで回されます。
回線の問題はNTTでなくYahoo!BBというか、そっち側に回されるのでサポート時間が短いこともあり、なかなかサラリーマンには厳しい所と思います。

オプションは膨大につけてくれて、開通後自力で外すこととなります。
下手に外すとスマート値引き対象外になったりとなかなか地雷な感じもします。
Yahoo!プレミアムサービスとかでアカウント作らされたりとかありますが、まあスマート値引きだけに関係すればBBユニットレンタル、WiFi機能、電話のセットだけ残せばいい、ということになります。

開通工事は意外にシンプルで古い我が家でも普通にさくっと終わりました。
光電話は無理ということで電話線との兼ね合いもないため光ケーブルを引き込めばいいだけだったので場所的制約が緩かったことも良かったようです。

BBユニットで接続まではどうやら問題なかったのですが、3年前に買ったAtermがアクセスポイントとして運用しようとすると再起動などし始めておかしくなり、そこらへんからもろもろトラブルが出始めました。

BBユニット自体は簡単な設定しかできません。
凝った使い方をしたいという人にとっては非常にダメなものです。
最低限のDHCPサーバやポート回り、無線LANなどしかありません。
まあ、ネットにつなぐだけならば大体こんなものでもいいとは思います。

BBユニット

問題だったのはWiFi機能。
電波自体はそれほど弱くないのですが、ルーティング周りでよく切断されるため、DLNAでの動画鑑賞やセッション周りがかなり厳しいです。
個人的には運用できないレベル。

結局、アクセスポイント用に無線ルーターを購入して機能は閉じました。
有線に関しては今のところ問題はありません。
速度に関しては比較対象がないのでなんとも言えませんが田舎の人もどうよという部分の設備投資考えると100〜250Mbps程度でもまあ、いいかなと。
WiFiの速度を考えても過剰にしても大して差がないですし、VODサービスが快適ならばいいと割り切っています。

再度結論

プロバイダを選ぶということでスマート値引きなどが必須でなければ選ぶ理由は強くありません。
BBユニットは設定が少ないことやWiFiは料金払わないで済むならばそれでもいいレベル以下です。
まとめると、物好きでないと楽しめないところがあるので覚悟がいるかと思います。

なお、蛇足ですがNTTの固定回線を光電話にするのもエリアによっては無理というのもあるのでそこらへんの確認は必要だなあと。
受付で勝手にしらてはくれますが、そういう話もあるのかと初耳でした。

-コラム, トラブル
-,