@nagasの路地裏

地方引きこもりミドルがまったりあがいている、そんな場所

Windows

「Steam」秋の大セールでセガ信者必須のSTG「斑鳩」をレビュー

斑鳩

秋の大型セールがSteamで開催中

ゲームプラットフォームのSteamで秋の大型セールが12/2まで開催しています。
例年やってますが9割引とかもあったりと大盤振る舞いなので欲しいゲームはこの機会にという人も多くいます。
そのため、ついつい多く買い込んでクラウドの肥やしになる、という積みゲーが出やすくなる元ではあります。

いくつかゲームを買いましたが今回はセガ信者御用達のSTGである「斑鳩」を紹介します。
定価が980円とお求めやすい上に今回のセールで480円と半額。
買わない理由はないです。

「嗚呼、斑鳩が行く」

今更ながらに斑鳩とは

斑鳩はDreamcast互換筐体としてアーケードに投入されたNAOMIにて稼動していたトレジャーの製作したSTGです。
セガ信者、元セガ信者ならばすぐに出てくるくらいのタイトル、開発会社で今でも根強い人気があります。

ゲームは縦スクロールSTGで2色の属性を反転させてどう属性の攻撃を吸収するという特徴があります。
この部分が肝なのですが、同時に2色の色を識別するために非常に目が疲れます。
中年齢には本当、きつかったです。

ステージタイトル、曲、演出が本当にかっこいいのでSTGファンには今でもしびれる一品。
操作はコントロールとショット、属性変換、(同属性の攻撃をチャージして)解放の3ボタンです。

難易度はそれなりに高めと個人的には思ってますが、ここら辺はSTG熟練度によって印象も違うかもしれません。

Windows版について

タブレットモードとパッド

Steam版は500MB程度なのでそれほど大きくは感じません。
ゲームパッドには対応していて、XBOX型のであれば振動もサポートしています。

環境によっては起動時にグラフィック周りでエラーが出たりしますが、初期設定すれば問題なく立ち上がります。
ここら辺はWindows版ではよくある感じなので慌てずに設定を調節していく必要があります。

フルスクリーンも対応していて、画面回転もサポートしています。
タブレットであれば縦モードにすることも可能。

縦画面

ただ、タブレットモードに切り替え時に落ちますので再立ち上げで認識させたりする方がいいのかもしれません。

モード

リプレイモードや詳細設定などコンシューマをそのままの感じなので概ねオリジナル同じ…だと思います。
細かいところとかは多分違うとかいうのもあるのかもしれませんが、へっぽこゲーマーには問題ないです。

おしまいに

Steam版「斑鳩」はWindowsでのSTGとしては最高レベルのものの一つでしょう。
信者補正目線の意見ではありますし、そもそも目には優しくないゲームではあると思います。

昨今、スマホが中心になって縦STGをプレイする機会がないので前回の「虫姫さま」とともにたまに遊び倒す、みたいなものとしてお勧めします。

こういった部分は日本のゲームはかなりクオリティー高いのでまた盛り返してもらいたいなあと切に願います。

-Windows
-, ,