Life is Enjoy

生活を楽しく

コラム

Windows10大型アップデート前のエントリーモデルのおすすめ

Th あのアップデート画面

Windows10関係がいろいろと報じられています。

強制アップグレード通知の問題などが大きいところですが、その原因であるWindows7以降の無料アップグレード期間が7/29までということ、また、年2回行われる大型アップデート、今回は「Anniversary Update」も8/2と利用者、非利用者ともにいろいろと変わるところはあると思います。

Windows10の利点というか特徴

Windows10で何が変わったのかというと、UI・デザインなどが変わったことや内部的にもいろいろと変わっていたりしますが、個人的に注目して欲しいのところは別にあります。

タブレットモードがなかなかWindows8の頃から随分進化していて、かなりスッキリした印象です。

ただ、タブレットだけで十分に従来のアプリケーションなどは使いこなせないところがあったりします。

自分はSurface3を使っていますが、やはり2in1で使うとWindows10のありがたみがわかると思います。

Th Surface型のPC

デスクトップだと画面表示領域いっぱいに幾つかウィンドウを出して作業を行うのがスタイルになるかなと思いますが、ノートやタブレットだと1画面に1アプリケーションで使うという方法もあります。

Th タブレットを使う人

そこで今回、エントリーに向いている2in1のタブレット、ノートPC両用のものをいくつか見ていきたいと思います。

機種

価格帯を4万を切る目安にすると、以下の機種がオススメになります。

  • ASUS TransBook T100HA
  • Lenovo Miix3
  • mouse MT-WM1001
  • Acer Aspire Switch 10E

この中でLenovoのMiix3は他よりも解像度が高い反面、Windows8.1でアップデート期間でないとWindows10利用に別途費用がかかります。

また、CPUがBay Trail(1世代前のAtomプロセッサー)なのも気になる人には気になります。

それ以外の3機種に絞って考えてみるとディスプレイは1280x800のISPであり、CPUもCherry Trailでほぼ横並びになります。

無線LANも802.11nまでの対応となるため、お試し的かサブデバイスとしての利用をお勧めしたいところです。(ASUS TransBook T100HAは5GHzも対応しているようですが他は2.4GHzのみ)

AcerのAspire SwitchはキーボードにHDD(500GB)が搭載されているのが特徴ですね。

キーボード込みであれば軽さのマウス MT-WM1001かヒンジ付きキーボードで残りの2機種か、というところでしょうか。

ストアアプリのUWPアプリのよさ

Windows10はUWPアプリへ移行を促せる方向で設計されています。

Windows 10 Mobileとのユニバーサルかどうかは別として、タブレットに設計されているようなデザインが作れるUWPアプリは便利な場面もあります。

ちょっとした調べ物やSNSなど、デスクトップモードで必要ないようなものなどを手軽に扱うという部分で2in1はお勧めのデバイスタイプです。

Th パソコンを寝転がって使っている人

AppleもiPad Proでキーボードの物理的な接続やペンなどを投入してますし、この流れが一つできてきていると思います。

Bluetoothキーボードはそれなりに面倒なところもあるので物理的に接続できる、今回挙げたようなデバイスを試してみてはどうでしょうか。

-コラム
-, ,