Life is Enjoy

生活を楽しく

コラム

タブレットのUIデバイスについてあれこれ

艦これ

なんとなくかなり前に放置していた艦これをSurface3で気が向いたらポチポチしてます。
ゲームに関してはどのプラットフォームでも本当に熱心さがなく、Web調べたりとかそういうのを完全に放棄しているので実際よくわかってないまま序盤でポチポチ。

Ingressもアイテムとかいろいろと熱心にやる気がないですが、意外にこの程度のペースが飽きずにやっていけるし、変なこだわりもないのでかなり第3者的に感じられます。
以前やっていたMMORPGでもう覚めまくったですし、年を重ねるとこういうのに対して気力も湧かなくなるのかなと。

今回は、ゲームの話ではなく、タブレット周りのお話です。

タブレットをPC的に使えない部分

大まかにタブレットとくくりで言ってもiPad、Android、Windowsの3種類に大別されます。
iPad発売時期においてノートPCの代わりになるだろうと購入した人の大半は「使いにくく、代わりにならない」と否定的な意見が多かった気がします。

多くはPCの作業である編集作業を持ち運べると期待していて、エディタやOffice系などを期待していたっところだと思います。
しかしiOS3.1から文章の編集作業は指で行うにはかなりシビアな操作でPCのマウスやキーボードで行えるようなものからは程遠かったものでした。

iPadのタッチ操作

この部分はiOS9でかなり解消されますが、指でのタッチ操作は直感的である反面、デジタル的な制度を求めたりする操作には向いてないことがわかっています。
処理能力の問題なども絡みますが、高機能な画像などの編集操作もPCと同じものを求めにくいでしょう。

Windowsタブレットから読み解くペンデバイス

2013年末あたりからBay Trailで格安タブレットとして火がついたWindows8のタブレットですがWindows8がタブレット向けのチューニングをしていながら結局、キーボードとマウスを外付けで接続してネットブックレベルでしかなく残念ムードが広がりました。

WindowsはPCのOSという性格上、細かい操作の作業をするアプリケーションが主流となっています。
そのためマウスポインタやテキストカーソルなどを自由に操作するためのデバイスが自然と必須になります。

アプリストアで購入できるものはタブレット向けということでiPadやAndroidタブレット同様にタッチ操作などで直感的に作業できるものが主流です。
これらが同時に存在してしまうのがWindowsの問題点でした。

Windows10でも実際のところ、解消されてないのですがSurfaceをいじってみるとペンデバイスが割とマウス操作を埋めてはくれるなあと感じました。
艦これ程度はタッチでも行けるのですが、意外にマウス的な遠隔性も若干兼ね備えてる感じでこれはこれで評価できるものです。

ペンデバイス

Apple Pencilが登場したことでもタブレット分野においてのペンデバイスは成熟期に入るのかもしれません。

最近のタブレットの選び方のポイントなど

タブレット購入において、やはり当たり前ですがやりたい作業、目的を第1に考えて購入品を絞るべきです。
電子書籍や動画など閲覧目的であれば大きさ、デバイス、利用サービスなどでiPadかAndroidタブレットかでいいと思います。

文章ベースだと簡単なOfficeレベルであればどれでもいいですが、やはり機能を多く求めるとWindowsタブレットや2in1などに目を向ける方が後悔しないと思います。
意外にペンデバイスが役立つので個人的にその部分の操作性なども調べてみるのもいいと思います。

おまけのAndroidタブレット

Xperia Z4 tabletの外付けキーボードを使って感心したのはBluetooth接続でキーボードを認識するとタブレットモード的にタスクメニューとマウスポインタが表示されるところです。
この状態であればほぼキーボードで操作が完結され、画面タッチまで手を伸ばす必要がなくなります。

Xperia Z4 Tablet

なんだかんだ言ってキーボードやタッチパッドなどが手元にあれば画面タッチは必要はそれほどないと感じました。
そういう意味でMacBookシリーズにタッチパネルをつけずにタッチパッドを進化させたAppleの方向性は評価するものと思います。

で、Androidですがここまで出来るとPCと同じ作業ができると思うのですが、いかんせんアプリがない、の一言に尽きます。
キラーアプリ的なエディタもなく、アプリもやはりiPadには及ばないところがあります。

簡単なOffice作業やリモート作業などはやりやすいので方向性としてはそちら方面かもしれません。
無論、閲覧系アプリはそれほど極端に差がないので電子書籍や動画配信系は満足できるレベルと思います。

-コラム
-, , ,