@nagasの路地裏

地方引きこもりミドルがまったりあがいている、そんな場所

Tips

Fireタブレットシリーズの動画とKindleのハイライトサービスについてのTips

Fire HD8で動画関係のあれこれ

Th Fire HD8でのAmazonプライムビデオ

iPad ProやMediapad M3があるとそこまで動画視聴環境をFire HD8に求めているわけではないですがiPad Proをサブディスプレイとして使ったり、別作業で使ったりしている時などもあるので使えるならば使ってみようという感じ。

最近の動画サービス周りでは全面リニューアルしたHuluのアプリが再リリースされました。

使っていますが、不具合らしいところはない模様。

リニューアル後のUIは不評という声もあるのでその部分は人それぞれとは思います。

Amazonプライムビデオに関してはAmazonサービス特化のタブレットなのでiOSやAndroid機器とは画質などの差が出てきています。

ストリーミングに関しては作品によってSDとHDの対応が違いますが、デバイスによって明確な差を明示していません。

iOSデバイスならば大体同じではないでしょうか。

Mediapad M3はどうもSDレベルの画質にアプリ側が認識することが多いので(dTVとか)SDになりますね、

ダウンロード再生の場合は、Fire HD8などのFireタブレットシリーズは作品によってSD・HDの差は出ますが、HDでもダウンロードが可能です。

iOSデバイスはダウンロードにはSD対応しかしていないのでこの部分はFireタブレットシリーズの強みです。

DLNA周り、特に日本国内ではDTCP-IPでの再生があるかどうかですが、現在Amazonアプリでは提供されていません。

TwonkyBeamが以前は提供されていて、DTCP-IPのサポートも有料でされていたと思います。

自分の場合、購入していてDTCP-IPサポート対応版になっていたので再ダウンロードで使えるようになりました。

PanasonicのSTBで再生ができるようなので対応している機器であればアプリがあれば再生できます。

しかし、上でも述べたように現状対応アプリがないので推奨されていないGoogle Playを導入するしか手段はありません。

現在、タブレット市場はiPadがかなり強く、2in1市場ではWindows10デバイスとなります。

Androidは低価格帯のものやミドルレンジが中心でそれほど注目されてない市場のように思います。

マルチメディア再生タブレットとしては選択肢がかなり少ないのでAmazonにおいては10インチの低価格モデルなどもあればなあと個人的には感じてしまいました。

国内の動画サービスのアプリは少ないのは今後シェアを考えると参入して欲しいところではあります。

KindleのハイライトWebサービスリニューアル

Th Kindle Voyageの撮影

Kindleのメモとハイライトの管理サイトが新たに作られています。

同様のサービスはkindle.amazon.co.jp/.com が提供されていてこれを利用している人も多くいると思います。

Th 昔のハイライト管理ページ

先日、amazon.comの方からread.amazon.co.jp/notebook/というメモとハイライト管理のサービスサイトができたというメールをもらいました。

Th 新しいハイライト管理ページ

Kindle.amazon.comの方には新しい管理ページということで案内もされている模様。

基本機能は同じだと思いますがすっきりとした管理ページとなっています。

なお、以前より指摘されていることで治ってないのですがAmazon.comとAmazon.co.jpのKindleアカウントの統合を行なっている場合、.comでないと使えないのは同様です。

統合アカウントに対するバグ、ほとんど直ってないので困るのですが報告後も音沙汰ないので優先度が低いように思えます。(別件でサポートを利用した時に進捗を聞きましたが一応あげてあるみたいなので対応予定ではあると思いますが)

-Tips
-, ,