@nagasの路地裏

地方引きこもりミドルがまったりあがいている、そんな場所

Tips

多くなったKindleの電子書籍をWebで管理する方法

Th 本棚

Amazonの電子書籍サービスのKindleが日本でサービスを開始したのが2012年10月末。

私の場合は米国サービスを使ってましたが、日本アカウント統合を行い、日本サービス開始時から日本向け書籍を購入してきました。

電子書籍サービスが多くサービスインした関係でセールなどもほぼ毎日と言っていいほどある状態で、昔はそれこそ安ければ飛びつくみたいな感じで積み本が増えて2000冊を突破しています。

それ以上の人もいるかと思いますがコミックの続刊を買い続けていたり、雑誌やラノベなど巻数が多くなりがちのものも1年以上経つとかなりの冊数になる人は少なくないと思います。

スマホやタブレットのアプリなどで整理したり検索はできますが、さすが多いと結構大変です。

今回、Kindleを整理するために欠かせないコレクション機能とWebのインターテースを使って整理する方法を紹介したいと思います。

コレクション機能

電子書籍を管理する方法は各電子書籍サービスによっていくつかあると思います。

Kindleで電子書籍を管理する方法としてコレクションというものが用意されています。

グループ化という感じで、タグ的に電子書籍をまとめることをする機能です。

特にコレクションの制限はないと思います。

コレクション作成時に名前をつけて登録したい書籍を突っ込むだけです。

コミックや小説など色々と分類して管理しやすくなります。

難点は冊数の多いシリーズ物などを一つのコレクションなどにするとシリーズごとにコレクションを作ることになったりと今度はコレクションの管理が大変になるという同じような管理問題に直面することになります。

シリーズ物のスタック化やコレクションの入れ子構造など管理システムのテコ入れは今後検討して欲しいところです。

Webの「コンテンツと端末の管理」画面

KindleをWeb画面で管理するにはKindleの電子書籍と端末管理を行う「コンテンツと端末の管理」画面から行います。

Th コンテンツと端末の管理

Amazonのトップページのカテゴリーメニュー内にあるKindle本&電子書籍リーダーの中に「コンテンツと端末の管理」メニューはあります。

Th コンテンツと端末の管理画面

「コンテンツと端末の管理」画面のタブはコンテンツ・端末・設定と3つあります。

端末タブはAmazonアカウントが登録された端末の解除や設定の変更などで設定は支払いや端末間の同期などの設定になります。

今回はコンテンツの管理ということでこれら二つのタブについては説明しません。

コレクションを管理してみる

「コンテンツと端末の管理」画面の表示項目でコレクションが選択できます。

Th コレクション画面へ移動するカスケードメニュー

コレクションを選択すると購入した電子書籍リストが作成したコレクション一覧になります。

Th コレクション操作メニュー

アクション用のボタン「…」で操作メニューが表示されてコレクション単位で名前の変更と削除が可能になります。

コレクションを複数選択チェックボックスで選ぶことで複数一括削除も行えます。

新しいコレクションは作成用のボタンがあるので名前をつければ作成できます。

電子書籍操作でコンテンツ登録などを行う

電子書籍を表示させ、アクションボタンを押すことで電子書籍の配信やコンテンツ登録などができます。

Th 電子書籍の操作

Webで検索するのに慣れている人にはこちらの方が便利の場合が多いのではないでしょうか。

書籍1冊だけでなく、複数選んでも「配信」や「コレクションに追加」はできます。

Th コレクション追加メニュー

既存のコレクション追加するには追加したいコレクションにチェックをつけます。

コレクションはフォルダ管理とは違い、移動を行うようなものではないので複数にまたぐ事は可能です。

新しいコレクションを作成して追加したい場合は検索ボックスにコレクション名を入れて追加します。

書籍がどのコレクションに登録されているかは書籍リストのコレクションでわかります。

Th 登録されているコレクション

コレクション管理を行う場合はWebの方が便利と思う

コレクション管理は今まで端末でしかやっていませんでしたが、書籍ごとになんか以下の操作を行って追加削除など行っていたので正直面倒でした。

Kindle端末では壊滅的でコレクション画面を開くだけでも結構ストレスが溜まります。

今回の「コンテンツと端末の管理」画面の変更でコレクション管理の手間が軽減されたかと思います。

この改修のおかげで当初、日米Amazonアカウント統合をした人には端末の配信ができなかったという厳しいものがありましたが。

Kindle本が買いすぎたという人はぜひ、Web画面で管理してみてはどうでしょうか?

-Tips
-, ,