@nagasの路地裏

地方引きこもりミドルがまったりあがいている、そんな場所

トラブル

Withings体脂肪計WS-50でWiFiがおかしかったときの対処法

Th Withings WS 50

WiFiで管理が便利な体脂肪計WS-50

自宅では体重管理をWithingsの体脂肪計WS-50とスマートフォンアプリを用いて管理しています。

このWithingsの体脂肪計WS-50はWiFi接続でクラウド上にデータを置くことで各種デバイスから参照できる仕組みをとっています。

スマートフォンで設定変更などを行うのにBluetoothを利用していたりと、最近の流行りの言い方をすればIoT機器と言えます。

設定自体はある程度の知識がある人ならばすごく簡単に行えます。

ただ乗るだけで体重、体脂肪などが記録されていくのは本当に楽です。

WiFiがある時点でうまく繋がらなくなり、記録がクラウド上に残らないといったことが発生しました。

WiFi不具合をサポートに投げてみた

問題となると思われる部分はおおよそ見当がついていてSoftBank光の光 BBユニットの諸々の相性ではないかと疑ってはいました。

Th SoftBank光BBユニット

再起動したり、DHCPサーバーにIPをMacアドレスで固定させたりと、なんとか運用してきましたがとうとう繋がらなくなりました。

ということでサポート対応をお願いしましたが、Withingsのサポート対応はSoftBankになっています。

結構不安です。

フォームで問い合わせてみました。

サポートからの提案は「IPアドレスを固定させて繋いでみたらどうでしょう?」ということでした。

光 BBユニットで静的IPをいくつかとってあるのですが、それをWS-50側にも設定させてみてはということです。

DHCPサーバーを経由しないということで問題の切り分けということです。

結果からいうと繋がりました。

たまに接続が切れることもあるので光 BBユニットの再起動はたまに行わないといけないですが、頻度的にははるかに良くなりました。

光 BBユニット自体の動きやアップデート、諸々の動きがいまいち掴めないのがそもそもの原因なのでここをどうにかしたほうがいいのでしょうが、今のところプロバイダなど帰る予定もないので騙し騙し使う感じですね。

サポートの流れについて

最初、こちらが機種など情報を結構落としていたため、先方から機種などを詳しく書いていただきたいと指摘があり、対応期間は長くなってしまいました。

今回は固定IPに振ってみてどうにかなったのでスムーズにトラブルシューティングができた感じです。

BBユニットの問題に関してはSoftBank光の方ではは新データや稼働のログ程度を見る程度で、家庭内インフラの問題点までは責任を持てないとは言われています。

どのルーターでも問題は起こるのですが、やはり光BBユニットは割と鬼門なのでこの部分はある程度の利便性の低下を意識したほうがいいのでしょう。

-トラブル
-,