Life is Enjoy

生活を楽しく

レビュー

アニメ目線で見る定額配信サービス

TVとリモコン

最近定額サービス、多いです

今年の9月にNetflixが上陸というのが前から話題になっていました。
上陸以前以後と極端な差はないですが、あえて言えばAmazonがプライム会員専用の定額サービス、プライムビデオを始めた、というところでしょうか。
後、TVerが始まった、くらいです。

STBもApple、Amazon、Googleと注目されるようなものも多く出ましたが、今年年末に限ると極端なシフトはない感じです。
以前にもHuluやdTVなど見放題サービスはやっていましたし、今回のことでコンテンツ競争、サービス競争がある程度明確化されたという感じです。

今後、収益まわりでどの程度のシフトが起こるか、というフェーズに入ったと思います。
来年あたり、より質の高いサービスになっていったりすると面白いなあとは思います。

今回、アニメというありきたりな日本コンテンツ中心で定額サービスを幾つか比較や特徴など挙げてみたいと思います。

日本国内の主な定額サービス

dアニメストア

DoCoMoの提供する、キャリアフリーのアニメ専用定額サービス。
月額400円という定額で屋内最高数のコンテンツを観れるという強み。

アプリ周りは改善されてきていて次の1話やオススメ作品などユーザー目線の改良が続いています。
HD画質ということで再エンコードなどされたりと画質面の改善も徐々にですか進んでいるようです。

後述するNetflixと比べるとマルチデバイス周りのサポートはなく、別デバイスで利用すると認証が外れるため、デバイスを固定しないと運用が面倒です。
また、STB関係には現在未対応なのでAirPlayやChromecastなどでスマートフォンやタブレットから送らないといけなかったりします。

dアニメストア
カテゴリ: エンターテインメント
現在の価格: 無料

アニメ放題

SoftBankが契約者に提供する定額サービス。
dアニメストアが角川系列を中心にコンテンツを増やしているのに対して、こちらはTBSあたりのコンテンツが割とさを感じます。

dアニメストア同様にSTにはAirPlayやChromecastで対応であったりします。

アプリ周りではdアニメストアよりも微妙に作品を探しにくかったり、視聴中のシリーズなどのブックマーキングが弱かったりと癖がある部分をどう捉えるか、というところでしょうか。

値段もdアニメストアと同額ですが、ソフトバンクユーザー限定ということでSoftBankのやる気の方面の微妙さが出てきています。
「俺ガイル」専用とか言われても仕方ない部分もあるのでもうちょっと特徴を押し出して欲しいところ。

アニメ放題
カテゴリ: エンターテインメント
現在の価格: 無料

バンダイチャンネル

バンダイナムコが運営する老舗のアニメ定額サービス。
自分の記憶が正しければ、定額サービスはここからはい待ったと思います。

スマートフォン用にアプリは提供されてますが、iPad未対応。
AppleTVにはアプリを提供していたり、アクトブラ連携もされていたりとキャリア型の定額サービスと違う方向になっています。

コンテンツはサンライズ系中心で、中高齢の方が楽しめるラインナップ。

見放題以外の多くのコンテンツ購入もできたりと総合サービスとしてもかなりのこエンツンツ数を持っています。

バンダイチャンネル見放題アプリ
カテゴリ: エンターテインメント
現在の価格: 無料

Netflix

黒船と言われた米国最大手の定額サービス。

システムだけ見ると最高級品で、マルチデバイス、画質(要契約)や利用ユーザー設定などアプリ周りはかなり優れています。
スマートフォン、タブレット、STBなど当然のように揃っているのでどのデバイスでも視聴スタイルに応じてシームレスに続きを見れます。

アニメコンテンツ以外にもオリジナルコンテンツを出したりとドラマなど番組を楽しむという点ではかなり満足度が高いと思います。

アニメに限ると上記のコンテンツとはまた違った方向ですし、HD以上のものがほとんどなので見応えもあると思います。
ただ、アニメ専用といわけでないのでコンテンツ数の差は桁が一つどころの差でないですが。

アニメはおまけという形でならばオススメです。

Netflix
カテゴリ: エンターテインメント
現在の価格: 無料

Amazonプライムビデオ

いきなりふっと湧いてきたプライム会員専用定額サービス。

ラインナップも独自性があるというか、どういう方向性なんだろうという感じもあります。
同じプライム会員専用コンテンツのプライムミュージックもそうですが、プライム会員のおまけで使えるサービスという位置付けのようなので他のサービスを利用している上で使う、という立ち位置です。

Amazonということなのでスマートフォンやタブレット、Amazonのデバイスには対応しています。
AppleTVにも対応するらしい話もありますが、噂レベルという気もします。

Netflix同様にアニメは1ジャンルとしてあるので偏った感じでチョイスされてる感じです。
なのでプライム会員のおまけという立ち位置と他のコンテンツを見る、という部分があれば今回挙げる中ではかなり高いパフォーマンスと言えます。

Amazonビデオ
カテゴリ: エンターテインメント
現在の価格: 無料

Hulu

米国の定額サービスで日本テレビが日本事業を買収して運営は国内という色々と複雑な会社状態。

日本テレビ手動なので日本テレビコンテンツやテレビ東京コンテンツなど充実しています。
テレビ東京は他のサービスにも提供を強めていますのでアニメやドラマなど日本テレビの色が若干強い気もします。

海外ドラマなどのコンテンツが強い部分もあったので先行して会員数を伸ばしてましたが、NetflixやAmazonプライムビデオが来たことでかなり競争が激しくなるかなと思います。

対応デバイスはスマートフォン、タブレット、STBなど大体揃っているので問題はないと思います。
とはいえ、Netflixを見てしまうとマルチユーザーミ対応や画質面が劣るため、価格的に近いため見劣る部分があります。

アニメだと割と見逃し配信をテレビ東京や日本テレビ関係で行っているのもあるのでラインナップもバランス的には取れているとは思います。

Hulu / フールー
カテゴリ: エンターテインメント
現在の価格: 無料

来年が定額サービスの問われる年か

米国サービスも国内に揃い、来年あたりにどのように利用者数などが推移していくか見えてくるかもしれません。
アニメは国内のポップカルチャーの中心の一つなのでコンテンツ数やサービス品質など、まだまだ伸び代があると思います。

TVや録画とかの関係なども含めて生活にどう影響を与えていくのか注目したいと思います。

-レビュー
-, ,