Life is Enjoy

生活を楽しく

Windows

Windowsのシステムファイルを修復するTipsまとめ

Th Windowsロック画面

システムファイルチェッカーを使う

Windowsのシステムファイルが破損している場合、Windowsの正常な動作ができなくなったり、クラッシュしたりするなどの不具合が発生することがあるようです。

私の場合、Windows Update関係で問題になることが多いので一連の流れに沿ってトラブルシュティングを行うことがあります。

まず、システムの状態を調べ、修復するためにシステムファイルチェッカーを使うことになります。

Th コマンドプロンプト 管理者

Windows 10では管理者権限でコマンドプロンプトを立ち上げて以下のコマンドを入力します。

sfc /scannow

動作の内容に関しては以下が詳しくあります。

sfc /scannow コマンドにより、保護されたすべてのシステム ファイルがスキャンされ、破損したファイルが、%WinDir%System32dllcache の圧縮フォルダーにあるキャッシュ コピーに置き換えられます。

%WinDir% の部分は、C:Windows などの、Windows オペレーティング システムのフォルダーです。

今までこれで修復ができたことがないのですが軽微の破損、システムフォルダ内にあるキャッシュで済む程度の場合にはこれで終わるようです。

DISM.exeでイメージのサービスを管理する

Windowsをより修復するためにはDISMコマンドが提供されています。

Windowsイメージをスキャンして破損してないようにチェックを行うには以下のコマンドを用います。

Dism /Online /Cleanup-Image /ScanHealth

イメージを行う場合、/RestoreHealthオプションを用います。

書式的には以下の通りになります。

Dism /Online /Cleanup-Image /RestoreHealth

Windowsが提供している、イメージ修復はsfcコマンドとDISMコマンドであり、この状況で修復作業ができない場合は、別途何らかの手段が必要か復元作業を行うべきかと思います。

以前に以上のことに軽く触れた記事をかけましたが、Windows 10においてはネットワーク提供型サービスとなるため、バグフィックスがその後に提供されることがあります。

なかなか正解が難しいのでWindows Updateに関して言えば、大型アップデートでないのであればそれほど気にしないというのもアリなのかもしれません。

Windowsの更新プログラムでの問題解決のために

以上のふたつの処理はWindowsイメージ修復のためのものになります。

Th Windows Updateトラブルシューティングツール

話が前後逆になりますが、Windows Updateでエラーが起こる場合はまず、以下のトラブルシューティングツールを試すほうが先決です。

可能であれば、上のツールで修復できます。

修復ができたならば再起動してWindows Updateを再度、行ってみます。

Windows Updateでのエラー解決のための情報は

Th Windows Update画面

Windows 10の情報は結構、Web上でも見つけにくくなっています。

ユーザーからのエラーの報告の多くはMicrosoftのコミュニティに挙げられ、解決法を提示されています。

残念ながら国内のコミュニティフォーラムにおいてはそれほど多く情報がないこともあるため、解決まで行ける事例は少ないかもしれません。

米Microsoftのコミュニティフォーラムの方が情報が多く、検索でもヒットしやすいと思います。

検索キーワードに失敗するアップデートプログラムのKB番号、またエラー内容などを入れて調べると、見つけられることもあります。

複数の環境でエラーが起こったり、起こらなかったりする場合や、改善する場合、改善しない場合もあるので、Windowsに限らず、コンピュータ機器で問題解決は決して楽なものではないと思います。

バックアップ重要はいつの時代も

Th 回復オプション

最終的に解決できない場合は回復機能を使って初期状態にする、ということになるのでバックアップは必要不可欠なことになります。

Th ファイル履歴

Window 8以降にはファイル履歴の機能によって指定したフォルダのバックアップを行えるようになっています。

WIN32アプリの場合は再度、インストーラーを利用して環境を直さなければなりませんが、OneDriveなどのクラウドストレージやストアアプリならば比較的簡単に修復しやすいと思います。

ネットワーク更新が不具合で行えなくなっていくとセキュリティ的に是弱な部分も発生するという問題もあるので(現在のところ)問題が発生することが多くなった場合は初期状態にするなどの手段が必要かもしれません。

-Windows
-,