Life is Enjoy

生活を楽しく

Windows

Windows 10における起動時のアプリ、プロセスに関して

スタート

Windows 10起動、終了時のプロセス

LIVAに入れたWindows 10の終了トラブルの解決として「高速スタートアップ」を無効にするという記事を先日あげました。

根本的な解決にならないのでなんとか解決できればということで今回はクリーンブートによる問題の切り分けを紹介したいと思います。

まず、クリーンブートとは起動時に動いているサービス、アプリを無効化させて最低限のドライバーで動かす方法です。
高速スタートアップで最低限の環境にした環境で問題ないかを検証できます。

Windows 10のクリーンブート

Windows 8/8.1、および7、Vistaに関しては以下のリンクに詳しく載っています。

Windows 10も操作はWindows 8/8.1と同じです。
以下に簡単なフローを載せます。

スタートボタン横の検索窓に「msconfig]と入力し、「システムの構成」をクリックします。

msconfig

「システムの構成」ダイアログで「サービス」タブを選択。「Microsoftのサービスを全て隠す」にチェックを入れて「全て無効」をクリックします。

システム構成

「システムの構成」ダイアログの「スタートアップ」タブで「タスクマネージャーを開く」リンクをクリックします。

システム構成 スタートアップ

「タスクマネージャー」の「スタートアップ」タブで問題のありそうなアプリケーションを選択し、「無効」をクリックします。

タスクマネージャー

「タスクマネージャー」「システムの構成」を閉じて再起動します。

起動時に問題があればクリーンブートで起動時に何か問題があるかチェックし、問題が解消されないようならばタスクマネージャーで無効にしたアプリケーション以外を無効にしていき、再度同じ手順で確認していきます。

終了時の場合も同様にクリーンブートで起動し、シャットダウンして問題が改善されないか確認します。

なお、自分のところの問題だったのはChromeでした。重いよね、Chrome。

Windows 10のスタートアップフォルダ

Windows 10も7/8/8.1と同じで以下の場所になります。


C:\Users[ユーザー名]\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup

※[ユーザー名]の部分を自分のユーザー名に変更してください。

なお、AppDataフォルダは隠しフォルダになっていますので隠しフォルダ表示の設定してアクセスしてください。

-Windows
-