@nagasの路地裏

地方引きこもりミドルがまったりあがいている、そんな場所

Windows

Steam版「虫姫さま」発売、購入レビュー(非ゲーマー的な)

虫姫さま on Surface3

WindowsゲームプラットフォームSteamでCAVEゲーム

先日、11月6日にSteamへ弾幕シューティング愛好家には説明不要のCAVEのシューティングゲーム「虫姫さま」が発売されました。
13日(金曜日)までセールが行われており、通常価格の1通常価格の1980円がサウンドトラック付きで1485円、DLC付きが1860円とお求めやすくなっていたのでえいやーということで買ってしまいました。

ゲーム内容は弾幕がキツですが、当たり判定もかなり小さい、そういうシュティングゲームです。
はい、終わり。

あまりゲーム内容についてごちゃごちゃ語れるレベルでもないので大幅にはしょりましたが、今回の発売に関してiOS版が無料セール、続編の「虫姫さま ふたり」が120円となっていたので買った人もいるかと思います。

Windows版としてどうかiOS版と比較

Windows版はSteamで購入し、ランチャーやショートカットから起動するという、Steamでは普通の起動の仕方です。

タイトル選択

画面は横固定でウィンドウモードかフルスクリーンを選択します。
当然、ゲームパッドにも対応しているので快適に遊べます。

iOS版が画面タッチ対応のみなのでゲームパッドに対応していると細かい動きができてシューティングらしいのが嬉しいです。

ゲーム画面

画面が横固定でタブレットモードを縦にすることには対応してないため画面サイズによっては結構目が疲れます。
正直、中年プレイヤーがSurface3で遊んだ感じはとにかく目の疲れで頭痛的になりました。
解像度をそのまま合わせる的なのもあって、東方のように画面構成を想定しているものと違い、慣れない感じはします。

解像度的には非常に書き込まれたものをそのまま持ってきているので綺麗で満足しますし、処理オチも再現しているので満足感は半端ないですが、年寄りが気合い入れてやるジャンルでないこともあり、なかなかお勧めするには難しいところもあります。

大画面液晶などで遊ぶ場合はまた違う感想にはなるとは思いますが、最近のシューティングがほとんどスマートフォンに行ってしまっていることもあるので手軽に遊べるという点は評価したいと思います。

surface3のパワーでも全然余裕なのでそれほどCPUパワーを必要としてないと思われるので興味がある人は是非に。

おまけ

弾幕の紫とポイントアイテムの黄色が迫っってくるのがどうも疲れるというか、どちらも弾に感じるのが更に疲れを増長してますね。
解像度的に1280x768あたりと思うのでウィンドウモードは更に目が疲れます。

このレベルのゲームが手軽に遊べるというのは驚愕できるものなので懐かしいゲームなど見つけて遊びたいものですね。

虫姫さま
カテゴリ: ゲーム
現在の価格: ¥600
虫姫さま ふたり
カテゴリ: ゲーム
現在の価格: ¥600

-Windows
-, ,